好きな人に会いたい…気持ちを伝えるテクニックとデートの誘い方!

  • 好きな人に会いたい時にやってはいけないNG行為

    好きで好きで、とにかく会いたいという気持ちが強くても、これをすれば相手にドン引きされるのは間違いないというNG行為があります。せっかく好きになりかけてきた気持ちを一気に冷めさせてしまわないためにも、やってはいけないNG行為をご紹介しましょう。

    「どうしても会いたい!」しつこく連絡する


    会いたい気持ちはわかりますが、どうしても会いたいからと相手の都合を考えずにしつこく連絡をするのは、代表的なNG行為です。もし自分がされる立場だとしたら、いい加減ウンザリという気になりますね。

    メッセージのやり取りが頻繁になるだけでもかなり精神的に負担に感じるため、それが続いたあとに今度は電話がかかってきたとなると、完全にドン引きされるはず。

    相手のことを考えず、自分の都合だけでどうしても会いたいとしつこく連絡するのは、くれぐれもやめておきましょう。

    「いきなり来られても…」急に会いに行く


    気持ちより先に行動に出る積極的なタイプに多いのが急に会いに行くパターンです。相手が一人暮らしであれば、本人を直接つかまえることができるとあって、単刀直入な会い方ではあります。

    とはいうものの、何の連絡もなしに会いに来られた側としては、急に来られても困るというのが本音でしょう。もしも待っていた時間が長ければ、つい、長い間待っていたといった言葉を口にする可能性が高くなります。

    そうなるとますます、「連絡もせずに来るからそういうことになるんでしょ」ということになるでしょう。相手を困惑させるのは確かなだけに、急に会いに行くのはリスクが高いです。

    「正直苦しい…」プレッシャーを与える


    相手にプレッシャーを与えて会うように仕向けると、正直言って苦しいと感じさせることになります。恋愛においての駆け引きで、「~してくれなければ、自分はどうなるかわからない」といった言い方をする人がいますよね。

    このように言われてしまっては、相手がどんな行動に出るかわからないという恐怖を感じるでしょう。その結果、会わないともっと大変なことになるかもと考え、本当は会いたくないという気持ちを押し殺してでも会うことになります。

    今後、会いたい時には何度もこの手で来られるかもしれないと考えただけで、正直、苦しいとなるのは当然ですね。相手から別れを切り出される確率が高いNG行為です。

    「寂しい…」過剰に寂しさアピールをする


    寂しい時に誰かにかまってもらいたくなる心理は、男女共に同じです。とりわけひどく落ち込んだり不安を感じた時には、一人でいること自体に寂しさを感じて会いたいという気持ちになります。

    たとえばメッセージアプリを使って寂しい理由を伝え、会いたいと頼んだ時、一度目なら来てくれるかもしれません。心配になってきてくれるとしたら、すでに彼女や彼氏の間柄になっている人でしょう。

    とはいえ過剰な寂しさアピールでたびたび会おうとすると、またかということになるのは時間の問題。寂しさアピールで会いたい気持ちを訴えるのは、ごくたまにすると効果的ですが、頻繁に行うのは逆効果でしかありません。
  • 好きな人に会いたいけど会えない…そんな時には?

    好きだからこそ相手に嫌がられたり、負担と感じられるようにはなりたくないですよね。会いたいけれど会えない時は、どうしたってあるもの。そんな時こそ、会いたいという気持ちにとらわれすぎないことが肝心です。会いたいけれど会えない時にこそやっておきたい、そんな方法をご紹介します。

    寂しさをバネに!会えない間に自分磨きをする


    会えない時間が続けば、会いたいという気持ちがどんどん膨れ上がってくるもの。けれど、会えないのには何らかの理由があるはずですよね。お互いに時間が取れなかったり、休みがあわなかったり。そんな時に無理をして会うのは、避けた方がいいでしょう。

    会いたくても会えないという寂しさをバネに、会えない時間は自分磨きに精を出すのがおすすめ。女性なら髪や肌をきれいにしたり、メイクの仕方を工夫したりとできることはいろいろあるはず。彼が一人暮らしなら、手料理をふるまうために練習するのもいいでしょう。

    会えない間にも努力してくれてたのかと彼を感激させられるという点では、非常に効果的な方法ですね。

    寂しさにとらわれない!勉強に打ち込む


    男性だって、好きな女性に会えない時の寂しさは大きいもの。男性も料理が上手な人は多く、彼女にふるまうために料理で自分磨きをするのも悪くはないのですが、彼女の自分磨きとカブってしまう可能性がありますよね。

    そのため、男性は会えない時間を利用して勉強に打ち込むのがおすすめです。勉強をしている間は思考に集中することで、寂しさという感情が切り離されます。資格を取ってよりいっそう仕事が出来る男になれば、彼女を幸せにできる可能性がさらに広がるというもの。

    女性にとっても、勉強をして寂しさを紛らわせていたという彼には胸キュンのはず。寂しさを酒で紛らわせていたと言われるより、よほど好印象を覚えるでしょう。

    思いやりが大切!相手が余裕のある時間帯に連絡する


    会えないとしても、せめてメッセージのやり取りくらいはしたいのが好きな人に対する気持ちです。休日や仕事の時間などをある程度把握している場合、この時間ならいいかなと思える時間帯に連絡するのがおすすめ。

    さらに、連絡する時は「今、大丈夫?」と相手の都合を尋ねてから行うことは必須です。今は無理という返事が返ってきたら、またにするねと返しておきましょう。具体的にいつ連絡すると言わないでおくことで、向こうから連絡してきてくれるかも。

    会いたいけど会えない、そんなシチュエーションは付き合っている二人に多いものです。一度連絡を入れてダメだったら後は待つというスタンスに、相手への思いやりが伝わることでしょう。

    好きだからこそ!相手を理解することに専念する


    会いたいという気持ちになる理由は、何といっても好きだからこそ。付き合っている場合はもちろん、気になる人に会いたいという時も、会えない時間は相手を理解することに専念しましょう。

    会えた時は嬉しくて、もっと自分を知って理解してもらいたいということへ意識が向きがちです。本当は会っている時こそ相手を理解する最大のチャンスなのですが、好きな人に会えた嬉しさのあまり、それができないという気持ちもわかります。

    だからこそ、会えない時には無理に会おうとせず、好きな人をもっと理解する時間に当てるのがおすすめ。これまでに知った好きな人のよいところをどんどん書き出していくと、より理解が深まっていくでしょう。