女慣れしてない男性こそ狙うべき!その特徴&アタック方法を解説!

  • 女慣れしてない男性のメリット

    この項目では、女慣れしてない男性のメリットを考えていきましょう。女慣れしてないのですから、そのこと自体はデメリットです。しかし、このデメリットは女性にとって嬉しいメリットになるでしょう。次のことをぜひ参考にしてください。

    自分色に染められる


    もしも彼氏が女慣れしてない男性だったとしたら、あなた色に染めることが可能になるでしょう。たとえば、過去に付き合っていた女性がたくさんいたりしたら、これまでの経験があるため、あなたが嫌な思いをすることもあるかもしれません。

    ですが、女慣れしてない男性なら、これまでの経験も少ないので、彼女の希望を聞き入れるキャパシティがとても広いのです。「こうして欲しい」と女性に何かをお願いされることも初めての可能性が高く、あなた好みの彼氏になってくれる期待が持てるでしょう。

    ライバルが増えない


    女慣れしてない男性は、見るからに生真面目で、あまり社交的ではありません。ですから、ライバルが増える可能性が少ないというメリットがあります。

    たいていの女性は、社交的で明るく、人当たりの良い男性にまず目が向かいます。注目する女性が多ければ多いほど、ライバルが増える可能性が高まってしまいます。けれど、女慣れしてない男性ならその可能性は少なく、ライバルが少ないといえるでしょう。

    女慣れしてない男性は浮気の心配が少ない


    女慣れしてない男性は、浮気の心配がほとんどないと考えていいでしょう。絶対にないとは言い切れませんが、少なくても彼女以外の女性に興味を持つことは少ないと考えていいでしょう。

    女慣れしていないため、女友達も少ないことが予想されますよね。知り合いにそもそも女性が少ないので、ちょっとした拍子に魔が差すという危険性も、非常に少ないといえるでしょう。

    何をしても喜んでくれる


    たとえば手作りのお弁当を差し入れしたり、バレンタインデーにチョコレートをあげたりなど、こちらがすることを、なんでも新鮮に喜んでくれるでしょう。その他、恋人同士なら当然する年間のイベントも一緒に楽しんでくれます。

    女慣れしてないため、彼女がしてくれることやイベントなどが目新しいのです。このようなことを「つまらない」と思う男性も少なくありませんが、女慣れしてない男性なら感激してくれるでしょう。
  • 女慣れしてない男性のデメリットは?

    メリットに続いて、デメリットもご紹介していきましょう。とはいえ、女慣れしてない男性のデメリットは、彼女にとってそれほど困ることではありません。理解していれば改善の余地はあるので、そのことをしっかり把握しておくことが大切でしょう。

    真面目でフットワークが重い


    女慣れしてない男性は、真面目でフットワークが重いところがデメリットになってしまいます。何事も真剣に難しく捉えるので、決断に時間がかかってしまうのでしょう。ですから、女性との関わりも少なく、女慣れしないことに繋がっているのです。

    ですが、だからこそ女遊びもしないといえますよね。フットワークが軽い男性は他人との交流が多い分、異性との関わりも増えます。すると彼女としては心配事も増えるので、フットワークが重いことはデメリットとも言い切れないでしょう。

    女性の気持ちに疎い


    いわゆる「女心」が分からないのは、女慣れしてない男性のデメリットになってしまいます。男性の考え方と、女性の考え方は一緒ではありませんよね。そのことを女性から聞いたことがないので、女性ならではの気持ちがあることを知らないのです。

    ですから、女慣れしてない男性のほとんどは、女性の気持ちは想像するしかなく、ちゃんとした対応ができないので「女に疎い」と思われてしまうのでしょう。

    女慣れしてないので、感情が伝わりづらい


    女性と関わりを持った時に感情が伝わりづらいことも、女慣れしてない男性のデメリットになるでしょう。嫌なときはストレートにいいますが、嬉しいときは素直にいえません。なぜなら、どうしても照れてしまうからです。

    「嬉しい」「ありがたい」などの感情を、表に出すのが照れくさいのです。本当は嬉しいのに、感情をむき出しにするのは格好悪いと思ってしまうのでしょう。

    外見に気を使わない


    女慣れしてない男性は、外見にあまり気を使うことがないでしょう。ファッションの好みなどはもちろんありますが、それが女性ウケするかどうかには無頓着なところがあります。女性からよく見られたい、モテたいと漠然と思ってはいても、行動に移すことまではしないので、外見のおしゃれに興味もないのでしょう。