女慣れしてない男性こそ狙うべき!その特徴&アタック方法を解説!

好きな男性のタイプは、女性によってさまざまです。中には、男性の好みがまだ定まっていない女性もいるでしょう。自分がどんな男性と付き合ったら幸せになれるのかわからない…と悩んでいるなら、「女慣れしてない男性」はいかがでしょうか。今回は、女慣れしてない男性の特徴や、女慣れしてない男性と付き合うメリット、デメリットなどを紹介します。

  • 女慣れしてない男性こそ狙い目!

    現在フリーで、これから彼氏を探したいと考えている女性もいるでしょう。そんな時は、人それぞれ「理想の彼氏候補」を頭に思い浮かべるだろうと思います。

    「自分は〇〇な性格だから、〇〇な男性が合うだろう」とか、「そろそろ結婚を考えているから、〇〇な男性がいいな」など、ぼんやりと彼氏像を想像するはず。けれど、そんな彼氏候補が思い浮かばない、またはどんな男性が自分に合うのか分からない、と思い悩んでしまう女性も少なくないでしょう。

    そこで今回は、狙い目の彼氏候補として「女慣れしていない男性」をピックアップしてみました。これから彼氏を見つけたいと考えている女性は、彼氏選びの一つの目安として、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
  • 女慣れしてない男性の特徴《性格編》

    では最初に、女慣れしてない男性の特徴を解説していきましょう。一見すると、女慣れしていない男性は女心が分からなそうだから、上手くいかないのではと思ってしまいますよね。けれど、特徴を理解していくと、なぜ彼氏候補としておすすめなのか、その理由が分かってくるでしょう。

    人間関係に不器用


    女慣れしてない男性に最も多く見られる特徴は、人間関係において不器用ということです。必ずしも「女性」に限定してはいないことが多いでしょう。人との関わり方が不器用で、ぶっきらぼうな男性は、結果として女性にも不器用になってしまうのです。

    なので、第一印象は感じが悪く見られてしまうこともありますが、本人にはまったく悪気はありません。女慣れしてないせいで、なんとなく対応が不器用になってしまうだけなのでしょう。

    自分に自信がない


    自分に自信がなくて、女慣れしてない男性も少なくありません。その原因は、自分が抱えるコンプレックスだったり、過去のトラウマだったりすることが多いでしょう。これらのことが引っ掛かって、自分から積極的に女性にアプローチするのを避けてしまうのです。

    だからといって、女性が嫌いということではありません。あくまでも自分からアプローチするのが苦手なだけで、女性に興味がないわけではないでしょう。

    笑顔が少なめ


    笑顔が少なめなのも、女慣れしてない男性の特徴といえます。普段から女性との関わりが少ないので、女性と関わる場面に出くわすと、緊張して顔がこわばってしまうのです。ですから、裏を返せば、実は笑顔が少ないのは、女性をしっかり意識している証拠。

    関わっている相手が女性だと意識すればするほど、緊張が高まり笑顔が出なくなってしまうのです。こんな時、女慣れしてない男性は、頭の中で一生懸命に考えを巡らせ、どんな対応をしようかと考えていることでしょう。

    生真面目


    普段から生真面目な男性は、結果として女慣れしてないことが多いでしょう。こんな男性は生真面目な性格なので、学業や仕事などに打ち込むことが多くなります。そのため、恋愛することに目が向かなくなってしまう人が多いのでしょう。

    好きな女性ができても性格が生真面目なので、恋愛よりも今自分が打ち込んでいることを優先してしまいます。女性を意識してしまうと、自分の目標が達成できないと捉えてしまう所もあるのでしょう。

    おしゃれに無頓着


    恋愛に興味がある男性は、おしゃれに敏感です。その反対に女慣れしてない男性は、女性を意識していないため、おしゃれに無頓着な人が多い傾向にあります。恋愛に興味があって、常に女性の目を気にしている男性は、よく見られたい心理からおしゃれに気を使います。

    けれど女慣れしてない男性は、女性から見られているという思考にならないので、自分の好みを優先するでしょう。自分が快適で、良いと思ったファッションが一番なのです。

    女性との会話が苦手


    女慣れしてない男性は、女性との会話が苦手という特徴もあります。同性と会話することは苦手ではありませんが、相手が女性となると、女慣れしていないためについ構えてしまうのです。

    何を話せばいいのか考え過ぎてしまうので、最終的に無口になってしまうこともしばしば。こんな時、女慣れしてない男性は、一生懸命気を使っているに違いありません。なので同性とはスムーズに会話していても、女性とはたどたどしい会話になってしまうのです。