ノーパン女性の実態を大調査!下着を履かないメリット&デメリットも

  • 海外ではパジャマの下はノーパンが普通?

    私たちの住む日本では、就寝時にパジャマを着て眠りにつくのは一般的ですよね。海外でも寝るときにパジャマを着るのは日本と同じですが、決定的に違う点が一つあります。

    海外、特にヨーロッパでは、パジャマをきている時には下着を履かないのが普通なのだとか。ノーパンの習慣がない人には衝撃的な事実だと思いますが、国が違えば文化も違うのですね。

    日本では当たり前のことが、海外ではタブーなこともたくさんありますし、その逆もあります。ここでは、ノーパンをはじめ、海外の方々と私たち日本人のちょっとした文化の違いをご紹介していきますね。

    ヨーロッパではパジャマは寝る時の下着


    日本で生活している私たちは、パジャマは衣服のひとつという認識を持っていますが、海外ではパジャマは下着という認識が一般的なのだそう。

    「パジャマ=下着」になりますから、もちろんパジャマの下はノーパンです。場所が違えば文化も常識も違ってくるので、私たちにとっては少し違和感があるのは当たり前のこと。

    しかし、私たちにとっての当たり前にとらわれすぎずてしまうのもよくありません。ノーパン初心者のあなたも、ヨーロピアンのようなパジャマスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

    海外ではパジャマで外に出るのはNG


    先ほど述べたように、ヨーロッパでは「パジャマ=下着」という認識があります。ですから、パジャマをきた状態で家族以外の誰かに会うことはほとんどありません。

    あくまでもパジャマは寝るときの下着。寝ている時にだけ着用するものですから、パジャマのままで外へ出ることは、とても恥ずかしいことになります。

    もしあなたが日本にいるのなら、パジャマのままちょっと近所のコンビニまで買い物へ行くのは、あまり問題にはならないはずです。しかし、海外旅行先で同じような行動をとってしまうと、現地の人を驚かせてしまうかもしれないので注意が必要です。

    ノーパンでもパジャマの手抜きはNG!?


    ヨーロッパをはじめ海外に住む人達と、私たち日本人の感覚は少し違っています。日本人の私たちは、寝るときのパジャマにこだわりを持っている人は少ないのではないでしょうか?

    動きやすいジャージなどのスポーツウェアや、着心地の良い甚平などをパジャマの代わりにしている人もいると思います。しかし海外では、パートナーには寝るときにもセクシーでいて欲しいと考えている人も多いです。

    もし外国人のパートナーができた時に、ジャージや甚平のような、セクシーとはほど遠いパジャマを着ていると、幻滅されてしまったり、自分に気が無くなってしまったのでは?と勘違いさせてしまうかもしれません。