ノーパン女性の実態を大調査!下着を履かないメリット&デメリットも

  • ノーパンのデメリット

    ノーパンのメリットは、意外とたくさんあるということをお伝えしました。とはいえ、海外ならともかく、わたしたちの住む日本では、そもそもノーパンで過ごすという発想がない女性が多いのが現状です。

    たしかに、ノーパンでいることにはデメリットもあります。しかし、デメリットをしっかり知ることで、それらを上手に回避していくことも可能になるでしょう。

    これからノーパンのデメリットをいくつかご紹介いていくので、皆さんもぜひ参考にして、快適なノーパンライフを楽しみましょう。

    バレると変態だと思われる


    ノーパン女性が一定数存在しているのは確かなようですが、日本では少数派です。ですから、もしノーパンであることが誰かにバレてしまえば、驚かれるのは間違いありません。

    最悪の場合、変態扱いされてしまう可能性だって起こりえます。そんな状況を回避するためにも、ノーパンでいる間は注意しなければなりません。職場など少しリスクが高いと感じる場では、ノーパンをおやすみしたほうが安全でしょう。

    帰宅後のリラックスタイムや、週末の自由な時間などに挑戦してみると良いですね。

    短いスカートは見えやすいので危険


    女性が短いスカートを履く時には、下着が見えてしまわないように、立ち振る舞いに気をつけますよね。当然ですが、ノーパンで短いスカートを履く時は、普段以上の注意が必要です!

    うっかり見えてしまった…などというレベルを遥かに超えて、まずい事態になってしまう可能性が大です。ノーパンで短いスカートを履くのはリスクがかなり高くなるので、避けた方が無難でしょう。

    しかし、そのハラハラするような状況がスリルがあって好き!という人もいるかもしれません。とはいえ、そんな女性でも、アクシデントで下から見えてしまいそうなエスカレータや階段などを使う時には、細心の注意を払いましょう。

    急な生理で服が汚れる可能性も


    女性には月に一度のペースで生理がきますね。生理の予定日を管理していても、日頃のストレスやホルモンバランスの影響で、予定通りではなくなってしまうこともあります。

    ノーパンで過ごしていると、急な生理の時には大惨事になってしまう可能性もあります。経血をとりあえず受け止めてくれる下着がないのですから、直接衣類に経血が染み付いてしまうことも考えられます。

    女性の身体は繊細です。生理周期が不安定気味だったり予定日が近い時には、ノーパンを少しおやすみしたり、自宅で過ごすときだけにしてみるのがいいでしょう。

    洗濯する頻度が高くなる


    ノーパンでいると、下着を洗濯する必要はないので洗濯物は減ります。しかし、下着を履いていない代わりに、ズボンやスカートを洗う頻度は高くなる場合が多いでしょう。

    下着を着用していると、衣類と直接皮膚が触れないので汚れはあまり気になりません。ノーパンでいると少し動いて汗をかいてしまったり、女性特有のおりものが衣類に付着してしまいます。

    ズボンに汗やおりものが付着している状態で、何度も履き続けることは衛生的にもよくないので、必然的に洗濯の頻度は高くなりますね。ノーパンで過ごす時には、厚手のジーンズやクリーニングが必要な衣類の着用は避けた方が良いかもしれません。