二股する男性の特徴と心理を徹底解説!彼氏に二股された時の対処法も

  • 二股する男性の心理とは?≪その②≫

    二股する男性の心理には、次のようなものもあります。どれか一つではなく、多くの心理が合わさることでより二股男の可能性が高くなるでしょう。そのため彼がどんな心理を持っているのかよく見極めることが大切です。

    他の女性が気になるようになってしまった


    男性の中には、他の女性が気になってしまい恋愛に発展したという人もいます。心移りともいいますが、実際に二股をしていたということは「どちらにも気がある」状態です。本命がいながらも、他の女性にも気持ちが生まれてしまった状態といえます。

    そのためどっちつかずの状態に陥り、自身でも決めかねているのでしょう。こうした優柔不断な態度は、女性にとって不信感を募らせるものです。自分だけに決めてほしいのに、男性はそれをすることができない。そんな男らしくない姿を見てしまうと、好きという気持ちも色あせてきそうですね。

    他人を深く愛することができない


    誰もが一人の人を深く愛せるわけではありません。世の中には他人を深く愛することができない人もいますし、一人だけを愛することに恐怖感を抱く人もいます。これは「もし大切な人を失ったら」という恐怖が強いからです。

    一人だけを愛し、その人がいなくなってしまったら。そう考えると二股をしない人でも、一人になる怖さや孤独感を想像しますよね。二股男の中にはこうした「怖さ」や「孤独感」を人一倍強く感じる人がいるため、いつかくる寂しさを回避するために保険をかけているのでしょう。

    いってしまえば孤独が怖いことに変わりありません。一人を深く愛した結果、取り残されることを危惧し、そうならないよう他の女性を作ってもがいているのでしょう。

    一人が寂しい


    男性のすべてが男らしいわけではありませんよね。中には寂しがり屋な人や怖がりな人もいます。二股男は意外にもこうしたタイプが多く、一人が寂しいために二股をするのです。恋人といっても、常に一緒にいられるわけでありませんからね。

    仲睦まじいカップルでも、同棲していなければ生活は別です。そのため顔を合わせるのはデートの時くらいでしょう。しかし二股男はこうした一人の時間が苦痛ですし嫌いです。恋人がなかなか会ってくれないタイプだと、自身の寂しさを埋めるために恋人をもう一人作ってしまうでしょう。

    恋人が二人いれば、その分愛される時間も二倍になります。一人と会えなくても、もう一方と会うことができる。そんな状況にいれば寂しさも満たされるので、自身が寂しくないようにと二股してしまうのです。

    どちらも愛しているから問題ないと思っている


    二股は世間でタブー視されているため、普通は二股することに対して罪悪感が生まれます。しかし男性の中には「どちらも愛しているから問題ない」と開き直っているタイプも多いです。これは二股が浮気と違い、どちらも「本命」であることが多いからでしょう。

    こうした男性は、どちらも「本命」であることに変わりはないし「愛している」ことにも変わりはないとして開き直ります。そのため改心させることが難しく、場合によっては別れを選択することもあるでしょう。

    世の中にはこうした自分勝手な二股男もいるため、好きな彼がそうしたタイプでないかよく見極めることも必要です。