男女がかまってほしいと思う瞬間とは?効果的なアピール方法も解説

  • かまってほしい相手にアピールするには?

    好きな人にかまってもらうためには、上手なアピール方法を知っておくことが大切です。また、相手によってアピール方法を変えることで、かまってもらえる確率を高めることができるでしょう。

    ここでは、かまってほしい相手にアピールする方法をご紹介します。すぐに実践できることばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

    相手が興味のある話題を振ってみる


    相手の気を引くためには、相手がこちらに強く関心を持つきっかけを作ることが大切ですよね。そこで、相手が興味のある話題を積極的に振ってみましょう。趣味の話や好きな芸能人の話など、些細なことでもいいので、相手が食いついてくる話題を振ることで、かまってもらえるはずですよ。

    人それぞれ興味のある分野は違うため、事前に相手の趣味などを把握しておくとスムーズに会話が進み、「話していて楽しいな」と感じてもらえるでしょう。また、聞き上手はかまってもらえる確率が高まるため、適度に相槌を打ったりリアクションをとることを心掛けてみてくださいね。

    積極的にスキンシップをとる


    ストレートに「かまってほしい」という気持ちが伝えられない人は、積極的にスキンシップをとることでかまってもらえる可能性が高まります。手や腕など、比較的自然に触れられる部位にタッチして、相手の意識を自分に向けてみましょう。

    また、カップル間でのスキンシップは二人の関係を深めるためにも非常に大切なものであり、ストレスを緩和する効果にも期待できるため、「かまってほしい」という気持ちを伝えながら、より良好な関係を築いていけるはずです。恋人から積極的にスキンシップをされて嫌な気分になる人はいないので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

    ストレートに「かまってほしい」と言う


    恋愛において駆け引きは非常に大切ですが、同様に素直に自分の気持ちを伝えることも大切です。そこで、ストレートに「かまってほしい」と言ってみましょう。恋人に可愛くおねだりされて嫌な人はいないので、思い切りかまってもらえるはずですよ。

    また、かまってほしい時に限らず、お互いの気持ちを伝え合うことを普段から意識しましょう。男女では考え方に違いがあり、お互いの気持ちを素直に伝えなければすれ違いが起きてしまうこともあります。良好な関係を築いていくためにも、自分の気持ちをストレートに伝えることを心掛けてみてくださいね。

    二人きりの空間を作る


    かまってほしい時には雰囲気づくりも重要なポイントです。相手が「かまってほしいんだな」と理解していても、場所や状況によっては十分にかまってもらえないこともあります。そこで、「かまってほしい」と感じた時には二人きりの空間を作ってみましょう。

    二人きりになることで自然と恋人同士の雰囲気が生まれ、相手がこちらに意識を集中させてくれるはずですよ。また、音楽を流したり見つめ合うなど、ロマンチックな雰囲気を演出するとより効果的です。夜景が見える穴場スポットや個室のレストランに出かけてみると、普段とは違う空気感を味わうことができ、自然と良い雰囲気になれるでしょう。

    相手がかまってほしい時にきちんとかまってあげる


    自分がかまってほしい時に色々なことを試してみるのも効果的ですが、相手がかまってほしい時にきちんとかまってあげることを普段から意識してみてください。

    人は、自分がしてもらったことを相手にもしてあげたいと思う性質を持っており、逆に言えば相手にしてもらっていないことは自分から進んですることが少ないといえます。そのため、いくらこちらがかまってほしいアピールをしても気付いてもらえなかったり、気付いてもらえても「自分勝手だな」と思われてしまう可能性があります。

    普段から相手の気持ちに寄り添い、自分本位の考え方にならないように気を付けていきましょう。
  • ココに注意!かまってほしい時に気を付けること

    かまってほしい時に注意すべき点がいくつかあります。そこをしっかりチェックしておかなければ、かまってほしいアピールが関係を悪化させる原因になってしまうことも…。ここでは、かまってほしい時に気を付けることについてご紹介します。

    しつこくアピールするのは避ける


    かまってほしい時には、しつこくアピールすることは避けましょう。「かまって」という気持ちを素直に伝えることは良いことですが、あまりにもしつこすぎたり露骨すぎると、うっとうしいと思われてしまう可能性があります。

    また、かまってほしいアピールが相手の負担になり、心の距離が離れてしまうことも…。一度負担に思われてしまうと、かまってほしい気持ちを伝えるたびに「またか」と思われてしまう可能性が高くなり、伝える側も素直に気持ちを表すことができなくなってしまうでしょう。

    上手にかまってほしい気持ちを伝えるためには、相手のプレッシャーにならない程度のアピールを心掛け、相手の反応をうかがいながら気持ちを伝えることが大切です。

    遠まわしな言い方をしない


    素直に「かまってほしい」と言えない人のなかには、遠回しな言い方をしてしまう人もいるのではないでしょうか?「なんか最近冷たくない?」「浮気してるんでしょ」など、かまってほしい気持ちを伝えられなくてモヤモヤしているせいで、相手を責めるような口調になってしまうケースも多いはずです。

    しかし、遠回しな伝え方をしても相手は気付かず、むしろ「なんでそんなこと言われないといけないんだ!」と怒りを感じさせる原因になってしまいます。そうならないためにも、遠回しな言い方をしないよう心掛け、なるべく素直にかまってほしい気持ちを伝えるようにしましょう。

    どうしても素直になれない時には、言葉ではなくスキンシップなどで伝えてみるのも効果的ですよ。

    相手の都合を考える


    「かまってほしい」という気持ちは自分本位の考えなので、伝える時には必ず相手の都合を考えることが大切です。仕事の予定や時間帯によっては、かまってあげたくても難しい状況もあるため、確実にかまってもらうためにも常に相手のことを思いやった行動を心掛けましょう。

    また、相手が忙しい時に「かまってほしい」としつこく連絡したり、無意味なLINEを送り続けてしまうと、「自分勝手だな」と思われ、関係が悪くなってしまう可能性があります。恋愛は一人よがりでは上手くいかないので、お互いがより良い関係性を築いていくために、タイミングを見極めるようにしましょう。

    場所や状況を考える


    周りを気にせずに自分たちだけに集中するためにも、場所や状況を考慮することは非常に大切です。周りに人がたくさんいる場所などでかまってほしいアピールをしても、「恥ずかしい」「非常識」という気持ちが働いてかまってもらえない可能性が高いです。

    とくに相手がTPOを大切にするタイプであれば、人が多い場所でかまってほしいアピールをすることで「考え方が合わないな」と思われてしまい、別れの原因になってしまうケースも少なくありません。

    そこで、かまってほしい時には必ず二人きりの空間を作り、周りを気にせずにかまってもらえる環境を整えることを心掛けてみてくださいね。