男女がかまってほしいと思う瞬間とは?効果的なアピール方法も解説

  • かまってほしい時にするサイン《女性編》

    女性がかまってほしい時にするサインには、どのようなものがあるのでしょうか?同じ「かまってほしい」という気持ちでも、男女で違う特徴があるため、それぞれ見比べてみるとより理解が深まるでしょう。ここでは、女性がかまってほしい時にするサインをご紹介します。

    名前を呼ぶ回数が多くなる


    女性は、かまってほしい時に男性の名前を呼ぶ回数が多くなる傾向があります。とくに用事もなく名前を呼ばれる場合は、かまってほしい気持ちの表れと捉えることができます。また、彼女から普段呼ばないような呼び方で呼ばれたら、「私に注目してほしい」という気持ちや甘えたい気持ちが潜んでいる可能性が高いため、積極的にかまってあげください。

    女性本人も無意識のうちに名前を呼ぶ回数が多くなっている場合もあるので、名前を呼ばれて「何か用?」とぶっきらぼうな返事をしてしまうと、女性も戸惑ってしまうかも。優しく返事をしてあげましょう。

    会話の返事が素っ気なくなる


    「かまってほしい」という気持ちを素直に表すことができない不器用な女性は、その気持ちを伝えられずにモヤモヤした結果、会話の返事が素っ気なくなってしまうことがあります。男性からすると「怒ってるの?」と言いたくなるような返事でも、実はかまってほしい気持ちが込められていることがあるため、女性の気持ちを理解してあげることが大切です。

    かまってほしくて返事が素っ気なくなっているときは、甘えた様子も感じられるため、彼女の表情や仕草からその気持ちを汲み取り積極的にかまってあげましょう。

    わがままを言ってくる


    かまってほしいという気持ちが高まった時に、わがままを言ってくる女性もいます。わがままを言って彼氏の気を引けばかまってもらえると期待しているため、女性が甘えるようにわがままを言ってきたら、素直に要望を受け入れてかまってあげましょう。

    また、かまってほしい時にわがままを言ってくる女性は、ほとんどがわがままを聞いてほしいのではなく、単純にかまってほしい人が多いです。そのため、女性のわがままを面倒くさがらず、その先にある本心に気付いてあげることが大切です。

    服の裾などを無言で掴んでくる


    かまってほしい時に、服の裾などを無言で掴んでくる女性もいます。その行動には「かまってほしいことに気付いてほしい」という気持ちが込められており、男性の気を引くための行動といえるでしょう。

    また、あえて腕を掴まずに服の裾を掴むのは、その女性が男心を理解している小悪魔系女子という証拠かもしれません。直接触れるか触れないかのギリギリのラインを保つことで、男性をキュンとさせようと計算している可能性があります。無言で服の裾などを掴んできたら「かまってほしいんだな」と理解して、その思惑に乗ってあげてくださいね。

    「かまってほしい」とストレートに言ってくる


    素直に自分の気持ちを伝えられる女性であれば、ストレートに「かまってほしい」と言ってくるでしょう。男性は雰囲気などを察することが苦手な人が多いため、女性が直接言葉で伝えることは非常に大切であり、二人の関係を深めるポイントにもなります。

    「言葉で伝える」という行動を自然とできる女性は、普段から感情を表にさらけ出すことができるので、恋愛もスムーズに進んでいくはずです。また、このタイプの女性は男性に対しても「言葉で伝えてほしい」と望むことが多いため、積極的に好意を伝えることが大切です。

    女性から「かまってほしい」と言われたら、その言葉を受け止めて積極的にかまってあげるようにしましょう。
  • かまってほしい時のLINEの特徴とは?

    男女がかまってほしい時にするサインは、言動だけとは限りません。LINEの文面やタイミングなどから、かまってほしいサインを見抜くこともできます。ここでは、かまってほしい時のLINEの特徴をご紹介します。好きな人とのLINEを思い返しながらご覧くださいね。

    「今何してる?」と送ってくる


    「今何してる?」と相手の状況を問うメッセージには、かまってほしい気持ちが表れている可能性が高いです。かまってほしい気持ちと「相手が何をしているか気になる」という気持ちが隠れているため、こちらに興味を持っていると捉えることができます。

    人それぞれ生活リズムが違うため、相手のスケジュールに合わせてコミュニケーションをとることは非常に大切ですよね。相手の状況を事前に確認することで「今かまってもらえるかどうか」を見極めているともいえるでしょう。

    ただし、「今何してる?」とLINEをしてくる人のなかには、暇で誰でもいいからかまってほしいという人もいるため、勘違いしてしまわないように注意しましょう。

    特に用事がないのにLINEしてくる


    特に用事がないにもかかわらずLINEをしてくる人っていますよね。そこには、あなたにかまってほしいという気持ちが隠れている可能性が高いです。

    LINEで「ねえねえ」と意味もなくメッセージを送ってきたり、いくつもスタンプを送ってくる人は、素直にかまってほしい気持ちを表現できない不器用な人といえます。また、男女のどちらかが相手に好意を持っている状態の時に多く見られるケースであり、素直に甘えられない関係性を表しているとも捉えられます。そのため、積極的にかまってあげることで距離が縮まり、恋愛関係に発展していくでしょう。

    特に用件がないLINEに対して「なにか用事?」と返信してしまうと冷たい印象を与えてしまう可能性が高いため、内容がなくともやりとりに付き合ってあげてみてくださいね。

    「寂しい」と送ってくる


    相手が素直に甘えられる人であれば、LINEで「寂しい」と送ってくることもあるでしょう。わざわざLINEで寂しさを伝えてくるのは、「あなたにかまってほしい」という気持ちの表れといえます。

    とくに仕事などが忙しくすれ違いの生活が続いたり、なかなか会えない状態が続いた時に、恋人からLINEで「寂しい」と送られてくることが多いです。そのため、ないがしろにせずにきちんと返信してあげたり、積極的に愛情を伝えることが大切です。

    また、普段はあまり甘えない恋人がLINEで「寂しい」と送ってきた場合は、我慢の限界に達している可能性が高いため、すぐに対応してあげることが関係性を保つポイントといえるでしょう。

    わざと返信を遅くする


    かまってほしいからと、わざとLINEの返信を遅くする人もいます。「かまってほしいならすぐに返信するのでは?」と思う人も多いでしょう。しかし、わざと返信を遅らせることで相手に自分の存在を意識させ、かまってもらえよう期待する人もいるのです。

    わざとLINEの返信を遅くする人の多くは、恋愛経験が豊富で駆け引きが上手なタイプといえます。そこで、あえてその駆け引きに乗って反応をうかがってみましょう。駆け引きを上手く利用することで、二人の関係性を深めることができるはずです。

    また、かまってほしい気持ちに気付いてもらえなくて不満が溜まり、わざと返信を遅くするケースもあります。このケースはLINEの前後の文面から拗ねている様子が伝わってくるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

    LINE通話をかけてくる


    LINEには電話する機能があり、カップルで利用している人も多いのではないでしょうか?LINE通話を突然かけてくる行為にも、相手のかまってほしい気持ちが表れているといえます。

    LINE通話の使い方は人それぞれですが、多くの場合が用事がある時ですよね。しかし、とくに用事もなく、電話の約束もしていない時にLINE電話をしてくるのであれば、あなたに「かまってほしい」と思っている証拠です。そのため、すぐにかけ直してあげたり、かけ直すのが難しい場合は文面でやりとりをしてあげるようにしましょう。