男女がかまってほしいと思う瞬間とは?効果的なアピール方法も解説

  • かまってほしいと思う瞬間《女性編》

    女性には特有の恋愛心理があるため、かまってほしいと思う瞬間も独特なものが多いようです。女性特有の心理を理解して、より関係を深めていきましょう。ここでは、女性がかまってほしいと思う瞬間をご紹介します。

    寂しいと感じた時


    夜眠りにつく瞬間や恋人が忙しい時期など、誰でも「寂しい」と感じる瞬間があるはずです。とくに女性は寂しがり屋な人が多く、ふと寂しさを感じた時にかまってほしいと思うことが多いです。

    そのため、彼氏とあまり会えない時には「かまってほしい」という気持ちが強くなっており、LINEなどでも意味深な内容のメッセージを送ってくることがあるでしょう。また、不器用な女性の場合は素直に言葉に出せず、自分のなかで溜め込んで一気に爆発してしまう可能性もあります。

    女性の些細な変化を見逃さず、寂しがっている素振りを感じたら思い切りかまってあげることが大切ですよ。

    愛されているか不安になった時


    女性は「愛されている」という実感を常に感じていたい人が多いです。そのため、少しでも愛されているか不安になると安心感を得たくなり、彼氏にかまってほしいと感じます。

    また、男性にとっては些細なことでも敏感に反応してしまい、すぐに「私のこと好きじゃないんだ」と憶測で断定してしまう人も多いので、男性にはなぜ不安になるのか理解できないこともあるでしょう。しかし、女性にとっては別れを考えるほどに深刻な問題であるケースも少なくないので、女性の不安を解消して安心感を与えてあげましょう。

    男性に甘えたい時


    女性は、不安感を抱いたり寂しさを感じる時だけではなく、ただ彼氏に甘えたくなる時があります。純粋に「彼氏にかまってほしい」という気持ちが高まり、男性の温もりを求めるように甘えたくなるのです。

    彼氏と二人きりになった時やロマンチックな雰囲気になった時に甘えたくなることが多いので、「甘えたいのかな」という様子を感じたら思い切り可愛がってあげましょう。女性が甘えたい時には男性からの適度なスキンシップが効果的なので、ハグをしてみたり頭を撫でたりして、ラブラブな雰囲気を作るよう意識してみてくださいね。

    落ち込んでいる時


    普段の生活のなかで、誰にでも落ち込む瞬間ってありますよね。仕事で失敗したり人間関係でトラブルが生じたりなど、自分ひとりではどうしても立ち直れない時もあるでしょう。

    そんな時に彼氏にかまってほしいと感じる女性も多く、彼氏に励ましてもらったりただ隣で寄り添ってもらえるだけで心が癒され、「また頑張ろう」と思えます。そのため、彼女が落ち込んでいる時にはそばに寄り添ってあげたり、「大丈夫?」と気遣う言葉を投げかけてみましょう。

    ただし、女性が落ち込んでいる時に主観的なアドバイスをしてしまうと逆効果になってしまうこともあるため、ただ話を聞いてあげたり共感してあげることを心掛けてみてくださいね。

    誰でもいいからかまってほしい時


    女性の中には「誰でもいいからかまってほしい」と思う人もいます。このタイプは寂しがり屋な人が多く、恋愛でも彼氏に依存してしまう傾向があるといえるでしょう。また、相手の男性に恋愛感情を持っていなくてもかまってほしいと感じるため、男性側は勘違いしてしまわないように注意が必要ですよ。

    普段から男友達が多かったり、夜遅くにLINEを送ってくるという特徴があり、寂しさを紛らわせることを目的として近づいてくることが多いです。一度かまってあげると何度もかまってほしいアピールをしてくる可能性が高いため、もし迷惑なら割り切った接し方を心掛けましょう。
  • かまってほしい時にするサイン《男性編》

    彼氏をかまってあげたくても「男性がかまってほしいタイミングが分からない」という女性も多いでしょう。そこで、男性がかまってほしい時にするサインを見極めて、相手の気持ちを汲み取ってあげましょう。

    ここでは、男性がかまってほしい時にするサインをご紹介します。人によってサインは違うため「彼はどのタイプかな」と想像しながらご覧くださいね。

    じーっと見つめてくる


    かまってほしい時にじーっと見つめてくる男性も多いです。これは、「かまってほしいけど言葉で伝えるのは苦手」という不器用な男性に多くみられる行動であり、女性に目で訴えかけてきていると捉えることができます。

    無言で見つめてくる様子を感じたら、「どうしたの?」と話しかけてかまってあげるようにしましょう。また、女性が男性を見つめ返すことで自然と見つめ合う状態になり、良い雰囲気が生まれますよ。そのまま顔を近づけてキスするなど、積極的にスキンシップをとるとより効果的です。

    他の女性の話をする


    男性は不器用な人が多いので、素直に「かまってほしい」と言えずに、他の女性の話をして彼女の気を引こうとする人もいます。彼女からするといい気分にはならないものですが、あえて嫉妬心をあおることで自分に意識を向けようという思いが込められているので、怒らずに「可愛いな」と捉えてかまってあげるようにしましょう。

    ただし、かまってあげているのに他の女性の話を頻繁に出される場合は、かまってほしいサインとは異なる可能性が高いため、勘違いしてしまわないようにしっかりと見極めることが大切ですよ。

    自分の話ばかりする


    男性に「自分の話ばかりしてくるな」と感じる瞬間ってありませんか?もしかすると、そんな男性の発言には「かまってほしい」という気持ちが隠されているのかもしれません。

    男性が自分の話ばかりするのは、「もっと自分を知ってほしい」という気持ちが高まっている証拠であり、女性にかまってほしいと思っていると捉えることができます。このようなときは、彼氏の話を積極的に聞いてあげたり適度に質問したりすると、「話を聞いてくれている」という満足感を感じさせることができ、より二人の関係が親密になっていくはずです。

    ボディタッチが多い


    かまってほしい時に、分かりやすくボディタッチが増える男性もいます。手を握ってきたり肩に寄り掛かってくるなど「甘えたい」という雰囲気を感じたら、同じようにボディタッチを返してかまってあげましょう。

    言葉で伝える勇気のない男性に多く見られる行動であり、普段から好意を言葉で伝えてくることも少ないタイプといえます。また、「ボディタッチが多いから積極的なのでは?」と考える女性も多いかもしれませんが、ある程度女性慣れしつつも不器用で恥ずかしがり屋なタイプなので、恋愛を積極的に進めることが苦手という一面も持っています。

    急にそっけない態度になる


    それまで普通に接していたのに、急にそっけない態度になる男性もいますよね。「怒ったのかな?」と不安になる女性も多いですが、実はかまってほしいという気持ちがきっかけになっているケースもあります。

    「かまってほしい」という気持ちがなかなか女性に伝わらず、自分のなかでモヤモヤとした気持ちが募って、そっけない態度になってしまっているといえます。そのため、素っ気ない態度は拗ねている証拠と捉えて、思い切りかまってあげましょう。

    ただし、なかには本当に怒っている場合もあるので、相手の表情や前後の会話などから男性の気持ちを汲み取ることが大切ですよ。