男女がかまってほしいと思う瞬間とは?効果的なアピール方法も解説

人はどんな瞬間に「かまってほしい」と思うのでしょうか?彼氏がかまってほしいと思っている瞬間を見極められたら、今よりもっと親密な関係を築くことができるかもしれません。また、自分が彼氏にかまってほしい時の効果的なアピール方法もご紹介します。「好きな人にかまってほしい」という人は、ぜひご覧ください!

  • 男女がかまってほしいのってどんな時?

    「好きな人にかまってほしい!」と思う時ってありますよね。しかし、かまってほしいという気持ちがなかなか相手に伝わらず、モヤモヤしてしまう人も多いのではないでしょうか?

    人がかまってほしい時の言動には、いくつかの共通点があるようです。男性、女性それぞれのサインを知ることで、効果的なアピール方法を学んでいきましょう。また、相手がかまってほしいと思っている時のサインを見抜けば、より親密な関係を築いていくことができますよ。

    相手との関係を深めるうえで「かまってほしい」という気持ちを伝えることは非常に大切ですが、伝え方によっては逆効果になってしまうこともあるため、注意点もしっかりと確認していきましょう。
  • かまってほしいと思う瞬間《男性編》

    男女でかまってほしい瞬間は違うことが多いため、「自分はこうだから相手もそうだろう」と思い込まないことが大切です。また、相手がかまってほしいと思う瞬間を把握しておくと、恋愛をスムーズに進めていくことができるでしょう。

    ここでは、男性がかまってほしいと思う瞬間をご紹介します。ぜひ好きな人の言動を思い返しながらご覧くださいね。

    何かを達成して褒めてほしい時


    男性は、女性に褒められることを非常に喜びます。そのため、何かを達成して褒めてほしい時に「かまってほしい」と感じる人が多いです。

    仕事で昇進したり、趣味で目標としていた大会に出るなど、仕事からプライベートまで、些細なことでも「頑張ったね」と褒めてあげるよう心掛けましょう。また、褒める時には「○○がすごいね」と具体的に褒めてあげるとより効果的です。

    何かを達成したにもかかわらず女性にかまってもらえない場合は、無言で距離をとったり拗ねてしまう男性も多いため、きちんと話を聞いてあげることが大切です。

    疲れていて癒されたい時


    女性に対して無意識に癒しを求める男性は多いもの。そのため、仕事で疲れている時などには「癒されたい」と思い、かまってほしい気持ちが高まります。

    そこで、仕事から帰ってきた時やどこか疲れている様子を感じたら、積極的にかまってあげるようにしましょう。また、頭を撫でてあげたり抱きしめてあげるとより癒し効果が高まり、あなたへの愛情が深まるはずです。

    プライドの高い男性や感情を表に出さないタイプの男性は、疲れていても平気なフリをすることが多いため、普段から様子を観察して、かまってほしいサインに気づいてあげることが大切です。

    彼女が他の異性と親しげにしている時


    彼女が他の異性と親しげにしている時に「かまってほしい」と感じる男性も多いです。男性は基本的に独占欲が強い人が多く、恋人に対して「自分のもの」という意識を持っているため、他の異性と親しげにしている様子を見て嫉妬心を抱きます。

    また、「何を話してるんだろう」と不安になり、自分の存在に気づいてほしいという気持ちが高まって、かまってほしいと感じる人も多いです。そんな嫉妬心や不安感に気付かずにいると、思わぬタイミングで別れを告げられたり関係がギクシャクすることがあるため、男性の様子に気付いて愛情を伝えてあげるよう心掛けましょう。

    彼女の態度が冷たく感じられた時


    喧嘩した時や仕事が忙しい時に、ついつい冷たい態度で男性に接してしまう女性もいるでしょう。「このくらい大丈夫だろう」と女性が思っていても男性は意外と傷付いていることが多く、悲しくなって「もっとかまってほしい」と感じる人が多いです。

    また、彼女に冷たくされて不安になり、かまってほしい気持ちが高まる男性も多いため、冷たい態度で接してしまった時には、後からきちんと謝ったり、積極的にかまってあげるようにしましょう。