温泉セックスがしてみたい!気持ちいい温泉エッチのコツと注意点

  • 温泉でセックスする際の注意点!

    ここまで、「温泉セックスのメリット」や「気持ちいい温泉セックスの方法とコツ」をご紹介したのですが、温泉セックスを楽しむ際は注意しなければいけないことがたくさんあります。

    次は、温泉でセックスを楽しむ際の注意点についてご紹介していきます。

    喘ぎ声が漏れないよう気を付ける


    貸切風呂や家族風呂、部屋に付いている露天風呂だからといって、開放的になりすぎてしまうと、喘ぎ声が他の利用客に聞こえてしまうということがあります。

    温泉施設は、基本的に防音対策に力を入れてはいませんから、大きな声や喘ぎ声が隣まで聞こえてしまうでしょう。恥ずかしい思いをするだけではなく、ほかの利用客に不快な思いをさせてしまったり、喘ぎ声が原因で注意されることもあります。

    温泉はそもそもセックスを楽しむ場所ではないと肝に銘じて、他のお客様も利用していることを、常に頭の片隅に入れておきましょう。

    脱衣所などは汚さないようタオルを敷く


    温泉まで我慢できずに、家族風呂の脱衣所で前戯を楽しむ男女もいるでしょう。他のお客様に迷惑をかけなければ、それらの場所でイチャイチャを楽しむのも悪くはないかもしれません。

    しかし、あまりに興奮しすぎて脱衣所を汚さないように注意してください。自分達が使ったあとは他のお客様が利用する場所なので、配慮はきちんとするべきです。

    ちなみに、タオルを敷くことによって、ある程度は汚れを抑えることができます。タオルが汚れすぎてしまうと本末転倒ですから、脱衣所での前戯は程々に楽しむのが良いでしょう。

    足を滑らせて怪我をしないように


    温泉は足元が濡れているので、普通に歩いていても滑りやすい環境です。そんな温泉でセックスに夢中になりすぎてしまうと、どうなってしまうか、何となく想像できるはずです。

    単純に足を滑らせるだけで終わればまだマシですが、場合によっては怪我を負ってしまうことも…。怪我をすると温泉デートが台無しになってしまうので、温泉でセックスを楽しむ際は、足を滑らせないように気をつけてください。

    コンドームを多めに持参する


    当たり前ですが、旅館やホテルにはコンドームが備え付けられていません。そのため、パートナーとセックスを楽しむ展開になった際にコンドームが無いと、最後まで楽しめず消化不良に終わってしまうでしょう。

    セックスにおいてコンドームの装着は必須なので、温泉セックスを楽しむ予定があれば、事前に十分な数を準備しておくことが大切です。彼氏に準備してもらうのがよさそうですが、女性側も準備しておけばさらに安心でしょう。

    後処理をきちんと行う


    温泉セックスで子作りを考えている夫婦は別ですが、ほとんどの人はコンドームなどの避妊具を使用するはずです。使用済みのコンドームを温泉にそのまま放置して帰るのはマナー違反ですので、自分達できちんと後片付けしましょう。

    次に利用する人が不愉快な気持ちになりますし、掃除を行う温泉のスタッフのことを考えると、良い気分になる人はいないですよね。温泉セックスを楽しんだ後は、後始末をきちんと行うようにしてください。

    相手の意思を尊重してあげる


    この記事では、温泉セックスを楽しむ前提でさまざまな情報を発信していますが、そもそも温泉セックスを楽しめるのは、相手の存在があるからこそです。

    もちろん、相手が温泉セックスを前向きに考えているのであれば、何の問題もないでしょう。しかし、中には温泉セックスに前向きになれない人もいるはずです。

    温泉セックスを楽しむ場合は、きちんと相手の意思を確認して、前向きになれない場合は、無理矢理セックスを行わないようにしてください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)