「合コンのさしすせそ」とは?男性の本音や使う時のポイントを解説!

  • さしすせそ以外にも!「モテる女のあいうえお」

    「合コンのさしすせそ」で彼への誉め言葉を学んだら、次はあなた自身の魅力をアップしちゃいましょう。密かに言われている「モテる女のあいうえお」はご存知でしょうか。「合コンのさしすせそ」とは全くベクトルが違う、あなた自身の新たな武器です。

    「合コンのさしすせそ」を使いこなし、「モテる女のあいうえお」まで使えてしまったら、もう無敵ですね。周りの女子からも合コンで要注意と言われる「小悪魔女子」になれるかも?ちょっと上級者向けですから気をつけて使ってください。

    あげない


    あいうえおの「あ」は「あげない」です。「あーん」しておきながら、「やっぱりあげない」というアレ。男性はグッとくるようです。一見イジワルに見えてしまいそうですが、あなたの可愛らしい、または冗談も分かるよという一面を出すチャンスです。

    ただし「あげない!」とストレートに言うのではなく、「あ~げない」または「あげな~い」など、可愛らしさをプラスさせて使うのがベスト。小首をちょっと傾げたり、上目遣いも加われば、彼はもうあなたが気になってしょうがないはず。

    いらない


    「い」は「いらない」。ピシャッと強く言っちゃうと空気が悪くなりますが、断りにくいことを言われたときほど積極的に使ってみたい言葉です。実際どんな時に使うのがいいか、少し想像しづらいですか?

    オススメは、強めのお酒を勧められたときや行きたくない2次会に誘われたときなどでしょうか。可愛さを意識しながら「いら(か)ないです♪」と笑顔でお断りすると、相手のプライドを傷つけず、いいオンナ感も出せそうです。

    動けない


    「動けない」があいうえおの「う」です。もちろん、本当は動けます。でもそこを「動けないから○○取って」と甘えるのがモテる女子のテクニックなのです。掘りごたつタイプの個室合コンでは、動きが取りにくいこともあるので案外使いやすいかもしれません。

    ちなみにあくまでテクニックとしての「動けない」ですから、本当にお酒を飲みすぎて「酔っぱらって動けない……」とならないように気をつけてください。酔っ払い女子は彼女候補になれないだけでなく、お持ち帰りされてワンナイトのお相手にされてしまいますよ。

    選べない


    あいうえおの「え」は「選べない」です。優柔不断すぎると男性に敬遠されてしまいそうに思いますが、合コンの場では有効なことも。飲み物やお料理を選ぶときに、「選べないから一緒に選んで」とメニューを見ることで2人だけの空間も確保できちゃいます。

    メニューを一緒に見て話をしていれば、彼の好みをリサーチすることもできるので、「今度○○食べに行こうよ」と、デートの約束につなげることも可能です。恋愛に発展するためにも有効な方法なので、上手く使いたいですね。

    押せない


    あいうえお最後の「お」は「押せない」。お店の呼び鈴やメニューのタッチパネルに手が届かないときに、彼に可愛くお願いするのがポイントです。使うのは、合コンの終盤。ある程度その場が砕けた雰囲気になってからがオススメ。

    本当は押せるのに「押せない」を主張するのですから、届かないだけでなく、彼に甘えているという演出が出来ます。ボタンを押してもらったら、彼に「ありがとう、優しいね」と付け加えれば、彼はあなたを意識するのではないでしょうか。