「合コンのさしすせそ」とは?男性の本音や使う時のポイントを解説!

  • 「合コンのさしすせそ」男性はどう思う?

    さて、「さしすせそ」を駆使した会話で彼のことを知っていったとして、「さしすせそ」を使っている女性を男性はどう見てるのか?男性側の意見が気になりますよね。リサーチしてみると、こんな声が聞こえてきました。

    ぜひ参考にしてみてください。

    褒められると悪い気はしない


    「正直、褒められたくて話してるとこあるよね。リアクションがいい女子と話したい」(30代/男性/IT系)

    この意見からも、やっぱり男性は誉め言葉が大好物だとわかるでしょう。少なくとも自分に好意を持ってくれている相手を意識するようになることが分かります。無理やりではなく、その人のいいところを見つけて誉めましょう。

    本心かどうか疑ってしまいそう


    「ホントにそう思ってる?って感じることもあるけど、適度な相槌があると話しやすい」(20代/男性/公務員)

    男性もあなたを観察してます。自分の話をサポートしてくれていると思わせることで好感度が上がり、ツーショットになったときにも話しやすいのではないでしょうか。

    興味を持ってくれたのかなって嬉しい


    「自分のことに興味を持ってくれたのかなって感じるので嬉しい。好感持っちゃいますね」(40代/男性/自営業)

    男性側も合コンということで、緊張している人もいます。そんな中、女性から話しかけてくれたり、いいタイミングで相槌がもらえたらやっぱり嬉しいようです。さりげなく誉め言葉を入れて彼の心をグッと掴みましょう。

    合コンで趣味の話が出来て嬉しかった


    「古い名画が好きだけど、同年代で趣味の合う人はいなかった。でも合コンでいいカンジに相槌を打ってもらえて盛り上がったのがすごく嬉しかった」(20代/男性/会社員)

    レトロな趣味がある男性は「こんな話をしても……」と遠慮してしまう傾向があります。「さしすせそ」を使うことで、男性は「聞いてもらえた!」と充実感を味わうことが出来たようです。

    あなたが全く知らなかった世界だとしても、彼をきっかけに新しい世界が開ける可能性もありますから、知らないならなおさら、まずは懐に飛び込んでみるものひとつのテです。

    「さしすせそ」が見えるとしんどい


    「あからさまに“さしすせそ”使ってるやんって見えるとしんどい。自然な反応なら嬉しいけど」(20代/男性/営業職)

    全部をまんべんなく使おうとすると、男性側にも見透かされてしまうみたいですね。合コン初心者で緊張しやすい人は「さしすせそ」のうちのいくつかに絞って、いいタイミングで使った方が相手は自然な相槌に感じてくれる可能性が高いので、気をつけてみてください。

    八方美人な「さしすせそ」に興ざめ


    「男全員に“さしすせそ”を使いまくる姿に興ざめ。八方美人は彼女としては考えにくい」(30代/男性/会計士)

    誰にでも「さしすせそ」を使って頑張りすぎたために彼女候補からは落選してしまう場合もあるようです。気遣い女子アピールも大事ですが、その中でも「あなただけは特別」という部分は必ず作るようにしたいものです。