「背徳感」の意味を徹底解説!日常・恋愛で背徳感を感じる瞬間とは?

「一度でいいから背徳感を味わってみたい」なんて考えたことがある人は、少なくないのではないでしょうか?この記事では、背徳感を味わえる瞬間を実際の体験談を交えながら紹介していきます。今の生活に退屈を覚えている人は特に必見です。

  • そもそも「背徳感」とは?

    「背徳感ってなんですか?」と聞かれて、とっさに的確な説明ができる人はあまり多くはないのではないでしょうか。「背徳感(はいとくかん)」という読みは知っていても、イメージがボンヤリしている人は意外と多いもの。

    まずは「背徳感」という言葉の意味を今一度おさらいしていきましょう。特に、背徳感という言葉に馴染みがない人や初めて聞いたという人には重要なステップになりますので、しっかり理解していきましょう。

    「背徳感」の意味


    背徳感とは、漢字そのままの意味で「徳に背く感覚」のことを指します。道徳に背いたときの感情や自覚を総じて「背徳感」と呼びます。

    ここで押さえておきたいのが、背徳感というのは、モラルや常識といった道徳を理解しているからこそ感じるものであるという点です。つまり最初から道徳心がなかったり、常識やモラルを知らない人には、無縁の感情であるといって差し支えないということになります。

    背徳感を感じたことがあるという人の多くは、同時に道徳心を持ち合わせた常識的な人物である場合が多いのです。

    「背徳感」の類語と対義語



    背徳感の類語には、「罪悪感」「後ろめたさ」などがあげられます。また、最近では英語の「immoral」をカタカナ表記した「インモラル」という類語も見かける機会が増えました。いずれの言葉も、道徳に反する行為をしたときに生まれる感情という意味を持ちます。

    背徳感の対義語は道徳感ですと言いたいところですが、ニュアンスを考えると「道徳に背かない」という意味合いが強い「正義感」が妥当でしょう。

    「背徳感」の例文


    背徳感を用いた例文をいくつか紹介します。

    ①家族に嘘をついてまたパチンコに来てしまった。悪いこととは分かっているが、最近この背徳感が癖になってきている自分がいる。
    ②最近、隣の部署で働く既婚の男性と親しくしている。妻子がいると思うと背徳感でぞくぞくしてしまう。
    ③最近のマイブームは高校の授業中に飴を舐めることです。このチープなスリルとちょっとした背徳感がたまりません。

    例文からもわかるように、背徳感の背景には、一般的に正しくないとされる行動と、それによって得られる愉悦感のようなものが存在します。
  • 背徳感を感じる瞬間≪日常編≫

    この章では、日常で背徳感を感じる瞬間に焦点を当てて紹介していきます。皆さんの中にも同じような経験をされて背徳感を感じたことがある人がいるかもしれませんね。それではさっそく行ってみましょう。

    仮病で休んだ時


    「会社に行くのがどうしてもだるくて仮病を使ってしまった。罪悪感はあるけど平日に好きなだけ寝られて嬉しい」(23歳/会社員/女性)

    仕事やバイトに向かう足がどうしても重くなり、仮病を使ってしまった経験がある人は少なくないと思います。同僚や上司に迷惑をかけてしまった罪悪感を感じる一方で、普段なら働いている時間を自由に使える幸福感も味わえる。まさに背徳感のお手本のような構図です。

    しかし、幸福に過ごした一日の終わりに、上司や同僚から「心配の連絡」などが入ったときの申し訳なさは、筆舌に尽くしがたいものがあるでしょう。常習的な仮病は、あなたの評判を著しく損ねる危険が高いので、最低限にとどめたいところです。

    約束を破ってしまった時


    「彼との約束に30分も遅刻してしまった。文句も言わずに待っててくれたことに愛情を感じて、ニヤニヤしてしまった」(19歳/学生/女性)

    約束を破ってしまった時に背徳感を感じるという人も少なくありません。ただ、そのような場合、約束の重要度が比較的低いことが多いようですね。謝って許される範囲を超えた約束破りをすれば、背徳感を感じる余裕がないほどの罪悪感で押しつぶされてしまうでしょう。

    背徳感を感じる約束破りで多いのが、待ち合わせの約束にあえて遅れるケースです。「待たせてしまってもうしわけないけど、彼(彼女)が待ち続けてくれるのが嬉しい」といった具合に、異性の愛情を確認したがる人もいます。

    親しい人に嘘をついてしまった時


    「付き合う時に恋人と禁煙する約束をしたが、実は隠れて喫煙を続けている。ニオイで気づかれそうになる時もあるが、こっそり吸うたばこは至高のうまさ」(26歳/派遣社員/男性)

    家族や友人といった親しい間柄の人物に嘘をついてしまった時に、背徳感を感じてしまったことがある人は少なくないのではないでしょうか。嘘をつく相手が親しい分、後ろめたさや罪の意識も重たくなるものですよね。

    そういう時の遊びが楽しかったり、タバコを格別においしく感じてしまうのは、背徳感がよいエッセンスになってる可能性が高いでしょう。とはいえ、背徳感のもたらす快感に振り回されて、やりすぎないように注意したほうがいいかもしれません。

    深夜にやけ食いしてしまった時


    「会社のストレスで今日も深夜にお菓子をやけ食い。駄目だとわかっているけどやめられない止まらない」(32歳/会社員/女性)

    深夜のやけ食いも背徳感を感じる行動の一つです。頭では健康に良くないとわかっていても、深夜のポテトチップスが無性においしく感じられて、食べる手が止まらなかった、なんて経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

    普段しないことをしている特別感が、罪の意識によって生まれる背徳感とあいまって、なんともいえない刺激となるのでしょう。この組み合わせがちょっとした中毒性を生み出すため、深夜のやけ食いが癖になってしまう人もいるようです。