「ガテン系」の意味とは?その仕事内容からモテる理由まで徹底解説!

  • ガテン系の仕事の種類《運輸業編》

    次は、ガテン系の仕事「運輸業編」を紹介します。身近な存在の運輸業も、ガテン系の仕事に入ります。

    ドライバー


    タクシーやバスの運転手、運輸会社のドライバーも、ガテン系の職業。最近は、女性の大型トラックドライバーも増えてきており、人気を集めています。労働条件もかなり整えられつつあり、育児をしながらでも勤務しやすいという声が増えてきているようです。

    パイロット


    パイロットは、自家用操縦士、事業用操縦士、そして定期運送用操縦士の3つの資格があります。そのどれもが国家資格となっており、国家試験を受験するためには、大学や専門学校できちんと学ぶ必要があります。

    専門性の高い職業で、安全で快適なフライトをしなければいけないため、かなりの神経を使いますが、非常にやりがいを感じられる職業でしょう。

    海技士


    別名「航海士」と言われる海技士は、客船や貨物線などに乗り、船舶運航の責任を負う非常に重要な仕事です。国家資格で、大学や専門学校でしっかりと学んだうえで、ようやく受験資格を得ることができます。

    乗船中は、GPSなどでしっかりと船の位置をチェックし、航路の確認や天候の確認など、さまざまなことに注意しなければいけません。