「ガテン系」の意味とは?その仕事内容からモテる理由まで徹底解説!

  • ガテン系の仕事の種類《建設業編》

    では、具体的にガテン系にはどんな仕事があるのかを紹介していきます。まずは建設業から見ていきましょう。建設業にはさまざまな仕事があり、今回紹介する以外にも多くの職種が存在します。

    土木工事業


    土木工事業とは、土木工作物の建設や修繕、解体などを行う仕事です。道路や橋、ダムやトンネルなどを建設しています。生活をする上でなくてはならない道路や橋を建設しているわけなので、不況で仕事がなくなるということは少なく、非常に安定しています。

    とび、土工、コンクリート工など、さまざまな職種の人達が協力しあって建設するものなので、他の職種の人とのコミュニケーションも大切になってきます。

    地図にも掲載されるような橋やトンネルの工事に携わることができるため、非常にやりがいがあると言えるでしょう。

    建築工事業


    建築工事業は、まさにその名の通り、建築物を建設する仕事。新築の物件を建設したり、改築、増築をしたりとその内容は多岐に渡ります。高層マンションや大型施設が次々に建築されている地域では、人手不足になっている会社も多いようです。転職するには狙いどきかもしれません。

    建築工事業に関しても、鉄筋工事や外壁、内装工事などさまざまな職種があります。そのため、それぞれの職種の人とのコミュニケーションも大事になってきます。

    大工工事業


    木材の加工をしたり、工作物に木製設備を取り付ける仕事です。木材を主材料に工事をする人、と理解しておくといいでしょう。大工工事や、型枠工事、造作工事などの職種があります。耐震工事なども大工工事業の一種です。

    私たちの住まいの建築なども大工工事業が請け負う仕事ですから、非常に身近に感じられる仕事だといえます。

    左官工事業


    壁土や漆喰、モルタルやプラスター、繊維などをコテ塗りして貼り付ける工事をしているのが、左官工事業です。職種としては、左官工事、モルタル工事、モルタル防水工事などがあります。他にも吹付け工事や乾式壁工事なども左官工事業に入ります。

    左官関係の仕事をマスターすれば、手に職をつけることができるため、独立もしやすいと言えるでしょう。

    とび、石工工事業


    建築現場の足場や鉄骨の組み立てをしたり、機械器具や資材などの運搬の仕事をしているのが、とび、石工工事業です。また、土砂などの掘削や解体工事なども請け負います。ガテン系と聞くと、まずは「とび」をイメージする人も少なくないでしょう。

    大抵の建築関連の基礎工事に、とび、石工工事業が関わっているので、非常に大きな役割を担っています。

    塗装工事業


    塗装工事業は、まさにその名の通り、塗装や溶射を行う職種です。塗装だけではなくて、布張り仕上げや路面標示工事までも行っています。一般的な家の塗装だけではなくて、店舗や施設などの塗装などさまざまです。

    溶射工事、下地調整工事、道路ライン工事、そして病院内などでもよく見かける床にある表示の工事(内床面標示工事)などもあるのです。