「ガテン系」の意味とは?その仕事内容からモテる理由まで徹底解説!

  • 「ガテン系」の平均年収はどれくらい?

    ガテン系の年収がどのくらいあるのか、気になるところですよね。次は、ガテン系の平均年収について触れていきます。

    平均年収は職種によって違う


    気になる平均年収ですが「ガテン系」とひとことに言っても様々な職業があります。そのため、職種によって年収は大きく違ってきます。また、職種だけではなくて経験や知識によって大きく変わってきます。

    大雑把な言い方をすると、やった分だけお給料に反映されますし、仕事をこなせるようになればなるほど、年収もアップします。最初のうちは年収200万〜400万円が平均ですが、経験を積んで比較的すぐに500万円以上になったという人もいるようです。

    ガテン系の平均年収はサラリーマンより少ない?


    国税庁の調査によると、2018年のサラリーマンの平均年収は441万円だそう。ガテン系の平均年収は、上で述べたようにさまざまな職種があるので一概には言えませんが、サラリーマンよりも低めだと言われています。

    ですが、ガテン系の給料は、現場をこなした数や、成績、経験などによってアップすることも多いようです。未経験でガテン系の仕事に従事し、すぐに仕事を覚えたことによって、新人だけどサラリーマンの平均収入よりも多く貰うことができた!という人もいます。

    中には年収1,000万円を超える人も


    ガテン系の職種には、比較的独立しやすいものもたくさんあります。そのため、独立して自営業をしている人の中には、年収1,000万円を超える人も多いです。また、独立していなくても、会社でかなりの成績を残していたり、ベテランで指導する役職になっている人なども、年収1,000万円の人がいます。

    つまり、やり方次第、頑張り次第では、サラリーマンよりも稼げる可能性があると言えるでしょう。

    やればやるほど稼げる職業が多い


    ガテン系の職業は、やればやるほど給料がアップしたり、できることが増えれば増えるほど昇給していくことが多いです。もちろん、サラリーマンも昇給はしますが、急激にアップするようなことは少ないご時世です。

    ガテン系の職業はスキルアップしていけばいくほど、収入に反映されると言えるでしょう。それが魅力で、サラリーマンから転職した、という人も少なくありません。