頭いい人は変わってる?そう言われる理由や頭いい人の特徴を徹底分析

「頭いい人」って、かっこいいですよね。ですが、その頭の良さゆえ、周囲から「変わってる」と言われてしまうこともあります。この記事では、「頭いい人」にフォーカスを当て、その考え方や行動原理などの特徴、そしてなぜ変わりものと思われてしまうのかなどを解説します。

  • そもそも「頭いい人」ってどんな人?

    「頭いい人」と聞くと、どう感じますか?かっこいい?それとも変わってる?とっつきにくそう?まずは、頭がいい人とはそもそもどんな人のことを指すのかを考えてみましょう。

    頭いい=勉強ができることではない


    頭がいいと聞くと、成績優秀ないわゆる優等生タイプを思い浮かべる人も多いかもしれません。確かに、子供の頃は「頭がいい」といえば勉強ができることを指す言葉でした。

    では、大人になり社会に出てからはどうでしょうか。頭がいいというのは、必ずしも学力が優れているだけでははないということを感じていませんか?

    頭がいいというのは、学力はもちろんですが、コミュニケーションが得意であったり、段取りの能力が高かったり、仕事の飲み込みが早いなど、様々なバリエーションが存在するのです。これらに共通するのは、考え方の筋道がしっかりしているだとか、思考のスピードが早いといった、「地頭の良さ」と言えるでしょう。

    頭いい人は変わってると言われることも


    頭がいい人の中には、独自の視点で物事を分析したり、一つのことにこだわってひたすら熱中するなど、独特の考え方や行動原理を持っている人も少なくありません。また、頭の回転が速いため話すスピードも早く、他人を顧みないマイペースな部分も見受けられることもあります。

    そのため、頭がいい人は「変わってる」と言われることも。一見気にしていないように見えて、実は周囲との違いに深く悩んでいたりするものなのです。
  • 頭いい人の印象とは?【周囲の意見】

    頭いい人は、実際のところ周囲からはどのように思われているのでしょうか。ここでは、身近に頭がいい人がいるというみなさんの意見を集めました。

    機転が利くし頼りになる


    「会社の後輩で、ものすごく頭のいい子がいます。どんな時でも動じないし、クレーム対応などの場面でパッと切り返しができるので、正直助けられていますね。」(27歳/男性/営業職)

    頭の回転が早く口が達者な人は、特に営業や接客などの仕事では活躍することができるでしょう。会話の流れの先を読んだり、相手の考えていることを洞察することができるため、どのように話を進めれば、自分の思う方向に誘導できるのかがわかっているのです。

    当然、周囲からも頼りにされ「仕事ができる人」と思われています。

    ちょっと変わってるイメージ


    「頭のいい友人がいますが、正直めちゃくちゃ変わってる。効率がいいからといって同じ服を何着も買ったり、いつも同じものを食べたりしてます。早口すぎて、何を言っているのかわからないことも。」(22歳/男性/学生)

    このように、頭の良さゆえの独特の行動で周囲から浮いてしまい、「変わってる」と思われている人もいます。気にせず我が道を進むタイプもいれば、周囲と上手く調和できるよう影で努力している頑張り屋さんも。

    すごすぎて萎縮してしまう


    「同僚に、高学歴で仕事もできるとても優秀な人がいます。正直、凄すぎて影でバカにされてはいないかと萎縮してしまうこともあります。その人と話すときは、こんなこと言っていいのかなと一瞬考えてから発言していますね。」(25歳/女性/事務)

    このように、あまりにも頭が良すぎると、周囲が萎縮してしまう場合も。頭がいい人が円滑な人間関係を築いていくためには、ある程度の気さくさや親しみやすさを演出する必要があります。

    かっこいいし憧れる


    「頭のいい自慢の姉がいます。悩みを相談したら、自分では思いつかないような解決方法を提案してくれるし、困った時はついつい頼ってしまいますね。私もこんな風になりたいな、と密かに憧れています。」(23歳/女性/アパレル)

    やはり「憧れる」という声もありました。独自の視点や考え方を持っているため、悩み相談などをすると思わぬヒントを得られることもあるでしょう。このように、頭がいい人は周囲から頼られたり憧れの目を向けられるカリスマタイプも多く、何かと目立つ存在だと言えます。