フレンチキスの意味は?初心者でもわかるやり方と注意点を一挙公開!

日本人でも比較的受け入れやすいと思われているのが「フレンチキス」ではないでしょうか。「フレンチキスは軽めのキスだから、シャイな日本人にぴったり」と感じている人も多いでしょう。ところが、フレンチキスが実は軽めのキスではないと知ったら、どう思いますか?今回は、本当のフレンチキスについていろいろとご紹介します。

  • 恋人同士の「フレンチキス」正しい意味は知ってる?

    日本人はもともとシャイな国民性。人前でイチャイチャすることをはしたないと考えがちなため、キスにたくさんの種類があることさえ知らない人が多いでしょう。そこで、まずは恋人同士がする「フレンチキス」の正しい意味をご紹介します。

    そもそものフレンチキスの由来とは


    「フレンチ」には、「フランスの、フランス風の」といった意味があり、フランスに関わることに使う表現です。このことからも、フレンチキスの由来がフランスにあることは明らかですね。

    フランスといえば「愛の国」として有名です。恋人同士が人前で濃厚なキスを交わすは当たり前。そんなフランス人のキスを「フレンチキス」と名付けたのは、実はイギリス人なのだそうです。

    紳士淑女としての振る舞いをよしとするイギリス人の目には、人前での濃厚なキスをするフランス人が野蛮に見えたのかも。1920年代の両国は非常に仲が悪かったこともあって、その濃厚なキスを馬鹿にした調子で「フレンチキス」と言ったのが由来とされています。

    軽めのキスという意味じゃない?


    人前で交わす濃厚なキスを野蛮だと感じたイギリス人が、そのキスを称して「フレンチキス」と名付けた由来からもわかるように、本当のフレンチキスは濃厚なキスのこと。恋人同士が交わす情熱的なキスのことだと言われたら、フレンチキスへのイメージが大きく変わる人もいるかもしれません。

    それというのも、日本では一般的に「フレンチキスは軽いキス」というイメージが浸透しているから。そのため、本当はどんなキスなのかを知らずにフレンチキスをされたら、たいていの女性がビックリすることでしょう。

    なぜ日本では軽めのキスになってしまったのか


    では、日本でなぜ「軽めのキス」というイメージが定着してしまったのでしょうか。それには諸説あるようですが、ここではそのひとつを紹介しましょう。

    海外では恋人同士の愛情表現としてだけでなく、子供や親、友人ともキスを交わします。それに引き換え、日本には挨拶でキスをするという習慣自体がありません。挨拶代わりに軽いキスをするという習慣があることを知らしめたのが、日本にやってきたアメリカの進駐軍です。

    彼らが挨拶代わりにキスを交わす姿に、日本人は衝撃を受けたわけですが、一説によると、その際に彼らが交わした軽めのキスをフレンチキスと呼んだことから、「フレンチキス=軽めのキス」というイメージが定着したのだそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)