きれいなおっぱいを目指そう!ストレッチ・ケア方法・食事を徹底解説

  • おっぱいの形を崩さない方法とは?

    おっぱいの形は絶対に崩したくない!多くの女性がそう思っているはず。おっぱいの形を崩さないためにはどうすればいいのでしょうか?先程の「おっぱいの形が崩れてしまう原因」を思い出してください。鍵を握るのはクーパー靭帯です。

    胸の乳腺と脂肪を吊り上げるように支えているクーパー靭帯は、胸のハリを保つ重要な役割を担っています。しかし、クーパー靭帯は激しい運動などで胸が上下に揺れただけで、伸びたり切れたりします。そして恐ろしいことに、一度伸びたり切れてしまったクーパー靭帯を元に戻すことはできないんです。

    おっぱいの形を崩したくなければ、とにかくクーパー靭帯に負担をかけないことです。クーパー靭帯に負担をかけないためにはどのような方法があるでしょうか?詳しく解説していきましょう。

    ヌーブラやカップ付きキャミソールは避ける


    最近、楽ちんだからという理由で、ヌーブラやカップ付きキャミソールを着用する人が増えています。しかしヌーブラやカップ付きキャミソールは、ブラジャーほど胸をホールドすることができません。ホールドが不十分な状態で日常生活を送っていると、ふとした動作で胸が揺れ動き、クーパー靭帯に負担をかけてしまいます。

    締め付けの少ないヌーブラやカップ付きキャミソールは、一見ストレスなく着用できるように見えますが、実は胸に大変なストレスをかけているんですね。

    きれいなおっぱいをつくるためには、ブラジャーの着用は必須です。日常的には通常のブラジャーを、激しい運動をする際にはスポーツブラをと、シーンごとにタイプを使い分けましょう。

    バストサイズに合ったブラを選ぶ


    ブラジャーもただ着ければいいわけではありません。サイズの合ったブラジャーを着用してください。

    サイズの合わないブラジャーを着けていると、必要以上に胸を締め付けてしまったり、ホールドが弱くて胸が揺れてしまったりと、結果的にクーパー靭帯を痛めることに繋がってしまいます。

    最近は下着も通販で購入することができますが、店頭で試着してから購入することをおすすめします。「ちゃんと試着してサイズの合ったブラジャーを買ったよ!」という人も、長く同じブラジャーをつけている場合は、サイズが変わっている可能性もあります。定期的にお店で計測してもらうことも大事ですよ。

    サイズの合わないブラは血のめぐりを悪くして、おっぱいの発育を妨げてしまいます。ぴったりフィットしたブラジャーを着用するようにしましょう。

    正しい方法でブラジャーをつける


    間違った方法でブラジャーを着けることは、サイズの合っていないブラジャーを着けているようなものです。クーパー靭帯に負担がかかり、きれいなおっぱいを手に入れることなんてできません。

    ここで、正しいブラジャーのつけ方を紹介しましょう。

    (1)ブラジャーのストラップを肩にかけ、前かがみで胸をカップの中に入れます。そのままホックを止めてください。

    (2)前かがみのまま左手のストラップを左手で持ち上げ、右手を左のカップに入れて胸を包み込みながらやさしく持ち上げます。右側の胸も同様に行いましょう。

    (3)からだを起こしてストラップを調節します。鏡を見ながらブラジャーが水平になっているかも確認してくださいね。

    (4)最後に、ブラジャーがきちんとフィットしているかチェックしましょう。バージスラインにワイヤーが食い込んでいない、カップが浮いていない、アンダーバストやストラップがきつすぎずゆるすぎない、などがチェックポイントですよ。

    就寝中はナイトブラを着用する


    眠っているときは胸を圧迫したくないという理由で、就寝時はノーブラ派の人もいると思います。しかし寝がえりで胸が動き、クーパー靭帯に負担がかかってしまうことも。

    眠っているときも胸を支えてあげないといけません。でも、通常のワイヤーブラを着用するのはNGです。なぜなら胸にかかる重力は日中は下向きで、就寝時は横向きです。下向きには下向き、横向きには横向きの動きに合わせて支えてくれるブラジャーを着ける必要があります。

    ナイトブラは、就寝時の胸を支えることに特化したブラジャーです。夜を快適に過ごせるようにつくられているものばかりなので、「眠っているときに胸が窮屈なのはちょっと…」という人も、是非試してみてください。

    眠っているときも、きれいなおっぱいをつくっていきましょう。

    姿勢を正す


    スマホやパソコン作業などで前かがみの姿勢をとることが多い現代人は、姿勢が悪いと言われています。今この記事を読んでいるあなたも、背中が丸まっていませんか?姿勢を正すことが、おっぱいの形を崩さないために出来る一番簡単な方法です。

    姿勢が悪いと胸の血流やリンパの流れが滞ってしまうので、胸のハリがなくなり形が崩れてしまうことに。そうならないために、普段から正しい姿勢で生活するようにしてください。姿勢の悪さはきれいなおっぱいを遠ざけてしまいますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)