きれいなおっぱいを目指そう!ストレッチ・ケア方法・食事を徹底解説

  • きれいなおっぱいってどんなおっぱい?《続き》

    形、垂れていないこと、乳首・乳輪のサイズに色と、きれいなおっぱいの条件がわかってきましたね。しかし、きれいなおっぱいの条件はまだまだあります。

    さらに詳しく紹介していきましょう。

    乳毛がない、乳毛がきれいに処理されている


    乳毛が生えている人は必ず処理しましょう。きれいなおっぱいには乳毛は似合いません。

    男性が女性の胸を見てがっかりするポイントの一つに乳毛があげられるって知っていましたか?男性は女性のムダ毛にとても敏感なんです。どんなにきれいなおっぱいをしていても、乳毛に目が奪われてがっかりしてしまうでしょう。

    たった一本でも、乳毛はおっぱいを美乳から遠ざけてしまいます。乳毛はきれいに処理しましょう。

    離れ胸でない


    実はきれいなおっぱいには、ある定義があります。それは、鎖骨の中心と左右のバストトップを結んでできた線が正三角形になることです。しかし胸が左右に広がっている「離れ胸」だと、きれいな三角形にならず、アンバランスなおっぱいになってしまいます。

    なぜ離れ胸になってしまうのでしょうか?主な原因は以下の通りです。

    ・加齢による大胸筋の衰え
    ・姿勢が悪い
    ・ブラジャーのサイズが合っていない
    ・間違ったブラジャーのつけ方をしている
    ・就寝中ブラジャーをつけていない

    実にさまざまな原因があることに驚いた人もいるのではないでしょうか。離れ胸の人はまず原因を探り、適切に対処する必要がありますね。離れ胸を解消して、きれいなおっぱいを手に入れましょう。

    きれいなおっぱいはなめらかな触り心地


    胸は皮脂の分泌が活発な場所ですから、ニキビができやすい場所でもあります。ブツブツがある胸はきれいなおっぱいとは言えません。

    胸の皮膚を清潔に保ち、保湿を怠らないようにしましょう。男性にとっても女性にとっても、なめらかですべすべ肌のおっぱいは魅力的です。思わず触れてしまいたくなるような美乳をつくっていきましょう。

    ボディとのバランスがとれた大きさ


    大きい胸を魅力的だと感じる人は多いですが、ただ大きいだけではきれいなおっぱいとは言えません。ボディとのバランスのとれた大きさであることが重要なんです。

    実は理想的な胸の大きさとされる黄金比率があります。身長に0.53をかけてみてください。出てきた数字が理想的な胸の大きさなのだとか。たとえば、身長が160cmですと、160×0.53=84.8(cm)となります。

    アンダーバストのサイズによって多少変動はあるでしょうが、一般的にCカップからDカップとされるサイズですね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)