きれいなおっぱいを目指そう!ストレッチ・ケア方法・食事を徹底解説

胸は女性の象徴とされるパーツです。男性にも胸はありますが、女性のものと大きく異なります。そのため多くの男性は女性の胸に憧れを持ってるんです。きれいなおっぱいを手に入れたくありませんか?今回は、美乳になるためのストレッチや食事などを、詳しく紹介していきます!

  • きれいなおっぱいを目指そう

    ある調査によると、男性に「あなたは女性の胸が好きですか?」と質問をしてみたところ、実に9割近くの男性が「好き」だと回答したのだそう。ほとんどの男性が、女性の胸に憧れを抱いているのです。

    思わず男性が触れたくなるような、きれいなおっぱいを手に入れたくありませんか?

    この記事では、美乳を作るためのストレッチやケア方法、食事にいたるまで、徹底的に紹介していきたいと思います。きれいなおっぱいを手に入れて、女性の魅力をぐんぐん上げていきましょう。

    美乳の象徴「バージスライン」


    きれいなおっぱいを目指す上で、知っておいて欲しいことがいくつかあります。まずは、美乳の象徴と言われる「バージスライン」についてお話します。

    バージスラインとは、胸とボディの境目のラインのことです。わかりやすくいうと、カップの下側のラインのことですね。このバージスラインがきれいな線を描いていると、胸とボディの境界線がくっきりして胸が非常に美しく見えます。反対にバージスラインがぼんやりしていると、胸の輪郭がぼやけて形も崩れて見えてしまいます。

    いかにきれいなバージスラインを形成するかが、きれいなおっぱいをつくるために重要になってきますので、覚えておいてくださいね。

    美乳のカギ「クーパー靭帯」


    「クーパー靭帯」って聞いたことありますか?きれいなおっぱいをつくる上で、外せないカギとも言えるものです。

    クーパー靭帯とは、コラーゲンでできた結合組織です。胸全体を包み込むように張り巡らされていて、乳腺や脂肪を吊り上げるように支えています。胸が重力に負けずに上向きで丸い形を保っていられるのも、このクーパー靭帯の働きがあるからなんです。

    しかし加齢やバストに強い刺激が加わると、クーパー靭帯は切れてしまいます。そして恐ろしいことに、一度切れたクーパー靭帯は再生しません。

    きれいなおっぱいをつくるためには、クーパー靭帯に負担をかけないようにしなければいけません。負担をかけないようにする方法については、後述の「おっぱいの形を崩さない方法とは?」で解説していきます。是非参考にしてみてくださいね。
  • きれいなおっぱいってどんなおっぱい?

    きれいなおっぱいって、一体どんなおっぱいでしょうか?

    男性の中には大きさを第一にあげる人も多いようですが、単純に大きいだけではきれいなおっぱいとは言い切れません。きれいなおっぱいの条件について詳しく紹介していきましょう。

    きれいなおわん型


    おわん型とは、胸を正面から見たとき、丸くきれいなおわんのような形をしているおっぱいのことです。胸の上下に脂肪がたっぷりとついていて、しっかりとした膨らみがあるため、バストアップして見えるのも特徴です。

    実は日本人女性に一番多い形で、男性からの人気も高いおっぱいの形なのです。

    おわん型に見えるのは、ハリがあるからこそ。健康的でバランスのとれた丸みは非常に見た目がよく、きれいなおっぱいとされるのも納得がいきますね。

    乳首がツンと上向き


    きれいなおっぱいは、乳房の形だけでつくられるものではありません。垂れていないことも重要です。ツンとした上向き乳首も、美乳の条件なんです。垂れた胸はおっぱいを老け見えさせてしまうんですよ。

    自分の胸が垂れているかどうか、簡単にチェックする方法があります。ノーブラ状態で乳首の位置がどのあたりにくるか見てください。肘と肩の真ん中にきていたら大丈夫です。個人差がありますが、それ以外の位置にくる場合は、垂れてしまっている可能性があります。ストレッチを念入りに行って、ハリのあるきれいなおっぱいをつくっていきましょう。

    きれいなおっぱいは乳首・乳輪が小さめ


    乳首・乳輪のサイズにも注目してください。胸の中心部にある乳首・乳輪は、胸を見たときにパッと目をひきますよね?そのため、乳首・乳輪が胸とバランスのとれたサイズだと、きれいなおっぱいに見えるのです。

    ではどんなサイズがいいのかとういうと、胸の大きさや形は人によってさまざまですので、胸とバランスのとれた乳首・乳輪のサイズはこれ!と一概に言い切れません。しかし、多くの人から支持されているのは、小さめの乳首・乳輪です。大きすぎる乳首・乳輪の胸はアンバランスで、きれいなおっぱいではないと感じてしまう人が多いようです。

    もちろん大きい乳首・乳輪を魅力的に感じる人も確実にいるので、コンプレックスだと思う必要はありませんよ。

    きれいなおっぱいは乳首・乳輪の色が薄め


    漫画で描かれるおっぱいって、薄いピンク色をしていますよね?

    色素の薄い乳首・乳輪の胸は、きれいなおっぱいのシンボルとされています。特に薄いピンク色が可愛いと男性人気高いですが、肌にマッチした薄茶色の乳首もナチュラルで良いとのこと。逆に色が濃く黒ずんでいると、「遊んでいるんじゃないか?」と勝手なイメージを持つ人もいるようです。

    実際は経験数はほとんど関係なく、年齢や下着との摩擦によって黒ずんでしまうこともあるのだそう。そうならないために、保湿や美白といった日々のケアを行うことも大切ですね。