きれいなおっぱいを目指そう!ストレッチ・ケア方法・食事を徹底解説

胸は女性の象徴とされるパーツです。男性にも胸はありますが、女性のものと大きく異なります。そのため多くの男性は女性の胸に憧れを持ってるんです。きれいなおっぱいを手に入れたくありませんか?今回は、美乳になるためのストレッチや食事などを、詳しく紹介していきます!

  • きれいなおっぱいを目指そう

    ある調査によると、男性に「あなたは女性の胸が好きですか?」と質問をしてみたところ、実に9割近くの男性が「好き」だと回答したのだそう。ほとんどの男性が、女性の胸に憧れを抱いているのです。

    思わず男性が触れたくなるような、きれいなおっぱいを手に入れたくありませんか?

    この記事では、美乳を作るためのストレッチやケア方法、食事にいたるまで、徹底的に紹介していきたいと思います。きれいなおっぱいを手に入れて、女性の魅力をぐんぐん上げていきましょう。

    美乳の象徴「バージスライン」


    きれいなおっぱいを目指す上で、知っておいて欲しいことがいくつかあります。まずは、美乳の象徴と言われる「バージスライン」についてお話します。

    バージスラインとは、胸とボディの境目のラインのことです。わかりやすくいうと、カップの下側のラインのことですね。このバージスラインがきれいな線を描いていると、胸とボディの境界線がくっきりして胸が非常に美しく見えます。反対にバージスラインがぼんやりしていると、胸の輪郭がぼやけて形も崩れて見えてしまいます。

    いかにきれいなバージスラインを形成するかが、きれいなおっぱいをつくるために重要になってきますので、覚えておいてくださいね。

    美乳のカギ「クーパー靭帯」


    「クーパー靭帯」って聞いたことありますか?きれいなおっぱいをつくる上で、外せないカギとも言えるものです。

    クーパー靭帯とは、コラーゲンでできた結合組織です。胸全体を包み込むように張り巡らされていて、乳腺や脂肪を吊り上げるように支えています。胸が重力に負けずに上向きで丸い形を保っていられるのも、このクーパー靭帯の働きがあるからなんです。

    しかし加齢やバストに強い刺激が加わると、クーパー靭帯は切れてしまいます。そして恐ろしいことに、一度切れたクーパー靭帯は再生しません。

    きれいなおっぱいをつくるためには、クーパー靭帯に負担をかけないようにしなければいけません。負担をかけないようにする方法については、後述の「おっぱいの形を崩さない方法とは?」で解説していきます。是非参考にしてみてくださいね。