女上司とはどう付き合えばいい?感情的でうざい女上司の特徴&対処法

  • うざい女上司の特徴【仕事編】

    うざい女上司には、共通する特徴があることを知っていますか?

    いくら仕事ができて優秀な人材も、部下に対する態度がひどいのでは、下にいる者にはただのモンスターにしか見えません。そんな上司は、仕事をこなすうえでマイナス要素でしかありませんね。

    うざいと感じる女上司の特徴とは何なのでしょうか。ここでは、うざい女上司と感じる人の特徴とその実態を詳しく解説していきましょう。まずは「仕事編」です。

    怒り方が理不尽


    仕事でミスをすれば、上司に怒られることもあるでしょう。しかし、その怒り方が理不尽な理由だと、部下は本当に悩まされてしまいますね。

    仕事は、任された以上しっかりこなすのが当たり前ですが、それでも連絡の行き違いなどでミスしてしまうこともあります。そんなとき、ミスの原因を見つけ的確にアドバイスしてくれるのが、部下にとって良い上司でしょう。

    うざい女上司は、ミスによって生じた仕事の遅れを取り戻そうとするのではなく、いつまでもミスしたことを攻撃してしまう特徴があります。恋愛でもパートナーをネチネチと責め立てる人は少なからずいますが、仕事の上でもその悪い部分が露見してしまうのがうざい女上司なのです。

    すぐにヒステリーを起こす


    職場で誰かがヒステリーを起こすと、たとえ自分に向けられたものではなくても、非常に困惑してしまいますね。ましてや、それが自分自身に向けられたものなら、本当に苦痛でしかないでしょう。

    うざい女上司の特徴にも、部下のミスを必要以上にヒステリックに怒ることがあります。普通ならちょっと注意すれば終わるようなことでも、虫の居所が悪いのか、とことん責め立ててくることも。

    このように、うざい女上司に「ヒステリースイッチ」が入ったら、こちらはただただ収まるまでじっと我慢しているしかないので大変です。

    いざというとき頼りない


    理想の上司は、いざというとき頼りになる人です。しかし、うざい女上司はいざというとき頼りにならないのが特徴です。そのくせ、こちらのミスは容赦なく責めてくるのですから、部下としてはうざいと感じても仕方ないでしょう。

    部下の歩んでいる道は、女上司も同じく通ってきた道のはずです。部下の気持ちがわかるはずなのに、全く理解してくれないなら、上司として信頼を持てませんね。そのくせ、自分には甘いジャッジをしているなら、こんな上司にはついていけないと部下が感じても仕方ないでしょう。

    仕事を押し付ける


    うざい女上司の中には、部下を「ぱしり」のように使う人もいます。例えば、女上司のやっている仕事の雑用のようなことを、悪びれもなく頼んでくるのが特徴です。

    コピー取りなどのように誰でもできる簡単な仕事を、上司の自分がやる必要はないと思っているのかもしれませんが、部下だって皆それぞれ自分の仕事を抱えています。そのようなことに気が回らないのは、上司であっても決して仕事ができる人とはいえませんね。

    部下が断れないのをいいことに仕事を押し付けたら、うざい上司と思われても仕方ありません。