初体験の年齢は何歳?【男女別】みんなの初体験エピソードを大公開!

  • 初体験に関する専門家の意見やアドバイス

    初体験の平均年齢は?


    日本や世界の初体験の平均年齢はどのくらいなのでしょうか?『世界中の女子が読んだ! からだと性の教科書』(エレン・ストッケン・ダール, ニナ・ブロックマン)では、平均年齢と適したタイミングについて以下のように書かれています。

    ノルウェーの初体験の平均年齢はだいたい一七歳くらい、日本ではだいたい一九歳くらい。といっても、これはあくまでも平均であって、一七歳まで、一九歳までにすませなさいよ、という意味ではありません。もっと早い人もいれば遅い人もいます。統計値を見ると、一六歳までに性的経験を持つ人は若年層全体の二〇パーセントにすぎず、アメリカのグットマッカー研究所の調査によれば一五歳までに初体験をすますティーンエイジャーの数は減少傾向にあります。日本の調査でもだいたい同じ結果が出ています。つまり、若い世代の五人のうち四人は高校入学の時点で未経験。(中略)

    参考値として平均年齢を知っておくのはいいことかもしれませんが、みなさんの初体験は、あくまでもみなさんとパートナーのものです。セックスは、 双方の準備ができてからすべきです。性欲(これは頭のなかで)と性的興奮(こちらは体で)を感じたら、準備ができたというサインでしょう。頭と体の意見 が一致しないこともあるかもしれません。その場合はもう少し待つのがベター。どのくらいの年齢でどんな相手に性的興奮を感じるかは人それぞれです。高校時代に準備ができる人もいれば、大学に入ってからという人もいます。二十代、三十代以降になってからという人だっています。」

    早くすませなければいけない、遅いのは恥ずかしいなどと焦る必要はないということですね。平均年齢はあくまで参考程度。自分や相手にとってベストなタイミングを見極めることが重要ですね。

    初体験はゴールではない


    中学生・高校生になると、セックスに興味を持ち始めます。一人で悩んでいる方も多いでしょう。『中高生からのライフ&セックス サバイバルガイド』(松本 俊彦,岩室 紳也,古川 潤哉)では、思春期の性に関してさまざまなアドバイスを掲載しています。

    「相手のことを考える恋から、いつしか『セックスしたい』と自分本位で考えるようになっている人もなかにはいるのではないでしょうか。『セックスしたい』と思うことは何も悪いことではありません。お互いが最高に満足する気持ちのいいセックスをするためには、正しい知識を学び、自分と相手のこころやからだと向き合い、学び合い、楽しみ合おうとする姿勢がお互いにあることが望ましいと私は思っています。(中略)

    セックスは焦ってする行為ではありません。早く経験しても、それはお互いに満足できるようなセックスにはならないでしょう。いざというときのリスクの対処方法を知り、さまざまな責任をとったり、一人の命に寄り添ったり、そういった現実的な面にも目を向けておかねばなりません。そして、お互いに覚 悟ができるようになったときに、初めてこころから満足のいくセックスができるのだと思っています。 」

    早く初体験を終わらせることが目的になってしまうと、相手の気持ちを考えられなくなってしまいます。ただ気持ちがよいだけでなく、心も満たされるようなセックスを体験するために、セックスした先のことまでしっかり考える必要がありますね。

    リスクについても学んでおく


    セックスは気持ちがいいというだけではなく、さまざまなリスクを伴う行為です。『おとなの楽習 (22) 保健体育のおさらい 性教育』(早乙女 智子)には、性の危機管理に関する内容が載っています。

    「妊娠は女性の人生にとって一大事であるにも関わらず、男女ともその素晴らしさを教わっていないためか、月経が遅れて妊娠検査薬で調べたら陽性になってしまい、『どうしよう?』とそれから考えるのが一般的になりました。先にも述べたように、 妊娠というのは女性にとっては当たり前の生理現象ですから、 いけないことであるはずがありません。

    しかし、妊娠の先には出産があり、子どもが産まれてくる、ということを考えれば、無計画に手放しで喜べないのも事実でしょう。妊娠は思いがけずしてしまうものではなくて、避妊という方法をもう少し冷静に確実に行うということを考えるべきです。

    性について、よくわからないまま初体験を迎えてしまうのは危険です。後で後悔することのないよう、リスクを回避するための知識も学んでておく必要があるでしょう。


    <参考文献>
    『中高生からのライフ&セックス サバイバルガイド』(松本 俊彦,岩室 紳也,古川 潤哉)
    『世界中の女子が読んだ! からだと性の教科書』(エレン・ストッケン・ダール, ニナ・ブロックマン)
    『おとなの楽習 (22) 保健体育のおさらい 性教育』(早乙女 智子)

Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)