ポルチオ開発で極上の快感を…開発方法からおすすめ体位まで一挙紹介

セックスで女性が中イキする性感帯として知られるのが、膣内部にあるGスポット。このGスポットよりもはるかに強い快感を感じるスポットとして話題になっているのが、ポルチオです。いったいどうすれば開発できるのか、おすすめの体位などもまじえてご紹介します。

  • 素朴な疑問!そもそも「ポルチオ」ってなに?

    セックスの際、男性としては自分が快感を感じたいのはもちろんですが、できれば女性にもいい気持ちになってもらいたいものですよね。男性がよく知っている女性の感じる場所といえば、クリトリスとGスポット。膣内のGスポットでは、クリトリスを超える快感を得られるとされています。

    そんな膣内で絶頂に達することを中イキといいますが、最近、Gスポットを超える性感帯が膣内にあるとわかり、ちょっとした話題になっています。それが、ポルチオです。ほとんどなじみのない言葉だけに、どういうものかがわからないのが本音のところ。そこで、「ポルチオってなに?」という疑問に、さまざまな面からお答えしていきます。

    ポルチオってどういう意味?場所はどこにある?


    女性が強い快感を感じる場所といえば、クリトリスとGスポットが有名とあって、ポルチオという名前を聞いたことすらないという人も多いでしょう。

    ポルチオとは子宮下部にあり、膣とつながる子宮膣部のことを言います。ラテン語の「ポルティオー・ウァギナーリス・ウテリー」に由来しており、この長い名称の最初の部分を取って、呼ばれるようになったんだとか。

    女性によって場所は異なるものの、膣の奥にある子宮口の入り口辺りがポルチオの位置とされており、開発するとかなりの性感帯になることがわかっています。

    膣内部の性感帯といえばGスポットでは?


    膣内部にある性感帯と言われると、男性、女性共にたいていの人が「膣内部の性感帯といえば、Gスポットじゃないの?」と考えるのではないでしょうか。

    どちらも女性の膣内部にある性感帯ですが、両者には異なる特徴があります。まずは場所で、Gスポットは膣口から3~5㎝ほど奥に入った恥骨側、女性が仰向けになっている場合は、お腹の方にあります。つまり、上部分ですね。

    対するポルチオはGスポットよりも深い膣内部、子宮口近くにあるのが特徴。簡単に指が届く位置にあるGスポットに比べて、より深いところにあるために、こうした性感帯の存在にそもそも気づいてない人が多いというわけです。

    強い快感のはずが…ポルチオで感じない女性もいる?


    クリトリスでの刺激で快感を得るのが容易なのに比べ、膣イキはハードルが高いと言われています。指で刺激できるGスポットでさえも、なかなかイケない女性が多い上に、さらにポルチオとなるとかなり開発が必要かも。

    スポットを超える強い快感が得られるとされていますが、初めての刺激に対しては鈍い痛みを感じる女性も少なくありません。男性諸君は、新しい性感帯として刺激すれば、女性は必ず気持ちよくなるという先入観は持たない方がいいかも。

    いずれにしても、性感帯の開発はじっくり時間をかけて優しくが基本。ポルチオで感じない女性がいるとしたら、男性の愛撫の仕方が原因の可能性もありそうです。
  • もっと感じてもらうには?ポルチオを開発する方法

    ポルチオという新たな性感帯が膣内部にあることがわかった以上、男性としてはここを刺激して、女性にもっと感じてもらいたいと思うはず。とはいうものの、女性の膣内部は男性にとっても未知の世界です。

    そこで、女性が強烈なオーガズムを感じるとされる開発方法をご紹介します。どうすればいいのかを一つ一つ確認しつつ、ゆっくり進めていくのがポイントです。

    開発される方も不安なはず!女性をリラックスさせる


    女性もポルチオという性感帯があることを知っているなら、一緒に開発していこうと持ちかければいいでしょう。女性としては、もっと気持ちよくなれるならという期待の反面、いったいどんな風に感じるのだろうという不安もあるはず。

    セックスをするにあたって、まずは女性をリラックスさせることが大事。これって、開発云々ではなく、もはや男性が女性に対して持っておくべき、必須のマナーと言えますよね。

    知らないことをする時は、誰だって緊張するもの。男性もドキドキしているでしょうが、される側の女性は緊張に加えて不安もあるでしょう。まずは女性をリラックスさせるために、十分な時間を割いてくださいね。

    潤い不足は絶対ダメ!痛みを感じないよう十分濡らす


    女性が性的興奮を感じると、膣の内部に分泌液があふれてきます。いわゆる愛液と呼ばれるものです。膣壁から分泌される膣分泌液というのが正式な呼び名で、無色透明、粘液性のある分泌液なのが特徴です。

    性的興奮を感じていない時にも膣の粘膜の湿潤性を守り、膣の自浄作用を促すために分泌されています。さらに、性的興奮を与えられることによって分泌量が飛躍的に多くなり、セックスの時に潤滑油として作用するのが特徴です。

    ポルチオは子宮口の付近にあり、膣内部を刺激することが開発には不可欠。当然、指や男性器を挿入する必要がありますので、潤い不足は絶対NG。痛みを感じないよう、女性の興奮を高め、十分に濡れてから行うのが原則です。

    準備が整った!まずは触れてみる


    女性をリラックスさせ、前戯に時間をかけて興奮を高め、たっぷりと膣内が潤ったら、指を挿入してみましょう。まずはゆっくり、そっと触れることを意識して探ります。

    コツは手のひらを上に向け、ゆっくりと子宮口の奥へと指を進めること。Gスポットとは逆に、女性のお尻部分にあるのではと仮定しながら指を進めると、比較的、位置を掴みやすいとされています。

    性的に興奮すると、ポルチオの位置が下がってくるとされていますので、クリトリスを刺激して、一度彼女をイカせるのもおすすめ。そうすることで、子宮口が下がってきますので、より指先で触れやすくなります。優しくほぐすような感じで触れてみましょう。

    焦りは禁物!ゆっくりを意識する


    女性に快感を与えるには、すべてにおいて男性よりもゆっくりを意識する必要があります。女性が性的興奮を感じるまでには、時間がかかるからです。あっという間に興奮して勃起し、ピストン運動を繰り返すことで絶頂に達することができる男性と、根本的に異なることを、頭に叩き込んでおきましょう。

    ポルチオの開発には、女性をしっかり濡れた状態にするため、時間をかけることが重要です。濡れたことを確認してからも、指先で探り当てるのはゆっくりと。探り当ててから刺激を与えるにも、とにかくゆっくりが原則なのです。

    未開発だと刺激が痛みを感じることもあるため、くれぐれも女性に不快感を与えないことが大事です。