「LINEのひとこと」おすすめの言葉集!男女向け・恋愛中の一言も

  • LINEのひとことに関する注意点とは?

    LINEのひとことを決めるときにはいくつかの注意点があります。これを知らないと正しくメッセージが伝わらなかったり、見られたくない相手に見られてしまうかも…。ということで、正しくLINEひとこと機能を使うためのポイントを解説します!

    長すぎる文章は途中で切れてしまう


    最初に少し触れましたが、長すぎる文章は途中で切れて、後ろに「…」が付くことになります。アイコンをタップすれば続きを見ることができますが、名前のリストに表示されないので読みづらいのは間違いありません。あなたに興味を持ってくれている人なら見てくれるでしょうが、そうでない人には見てもらえないことになります。

    昔は20文字以内という制限がありました。そのため、字数制限が緩和されてからはりきって長文を書きたい人もいるでしょう。しかし、読んでもらえなければ意味がありません。やはり「ひとこと」機能ですから、ひとこと程度にとどめておくのが無難です。

    LINEでブロックした相手にも見られる


    こちらも最初に少し触れましたが、LINEのひとことはブロックした相手でも見ることができます。

    ブロックというのは、相手とやり取りしないようにするための機能です。そのため、アイコン自体は相手に表示され続けます。このせいで、ブロックされてもなかなか気づかないという特徴もありますよね。

    プロフィールはアイコンを含め、更新した内容がすべてブロック相手の表示にも反映されます。ブロックしているからと思ってその人の悪口を書いたりすると大変なことになるかもしれません…!

    いまのLINEでは履歴は保存されない


    以前は、LINEのひとことに掲載したメッセージはあとで履歴を確認することができました。自分の投稿だけですが、あとで振り返ると結構楽しかったりして人気の高い機能でした。

    ところが、現在はそれができません。「ひとこと」機能が「ステータスメッセージ」という機能に名前が変わったのも、このときのことです。このアップデートに伴い、それまで自分が投稿したひとことを確認することはできなくなりました。

    そのため、保存しておきたいひとことは別途独自に保存する必要があります。友達を笑わせられる面白いひとことを考えたときなどは気をつけたいですね。

    「最近更新されたプロフィール」欄に出る


    「最近更新されたプロフィール」という欄を知っていますか?連絡先のリストが乗っている画面に表示されます。これはプロフィールのアイコンなどを相手がいる場合、その人がここにピックアップされる機能です。

    この対象となる更新内容には、ひとことも含まれています。つまり、あなたがひとことを更新すると、知りあいのLINEの画面上で「最近更新されたプロフィール」にあなたがピックアップされるということ。しかも、一度変更すると24時間これが続きます。

    ピックアップされたからといって問題があるわけではありませんが、否応なく人目を集めることになる点は知っておきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)