クリオナのやり方とは?気持ちよくなるコツ&イけない時の対処法

  • クリオナ派?膣オナ派?オナニーに対する女性の本音

    女性の身体の中にはさまざまな性感帯がありますが、すぐに快感を感じることができる場所もあれば、開発しないと気持ちよく感じられないところもあります。クリトリスは、誰でも簡単に気持ちよくなれるとあって、女性にはクリオナ派が圧倒的に多いのが実情です。

    ただ、女性の膣内部には、Gスポットと呼ばれる強い快感を感じる場所が存在するとあって、しばしばクリオナ派と膣オナ派に分かれます。どちらが好みなのか、その理由を女性の本音からご紹介します。

    クリ派!膣オナは気持ちよくなるのに時間が掛かる…


    「彼氏とのエッチをもっと気持ちよくするために、膣内を開発したいとは思うけど、気持ちよくなるまでに膣オナは時間がかかってしまうのが最大の難点です。どうしても仕事忙しいから、簡単にイケちゃうクリオナになります」(24歳/女性/看護師)

    膣の内部で快感を感じるには、Gスポットを探し当て、根気よく刺激しないといけないのが特徴です。つまり、それだけ気持ちよくなるには時間がかかるということ。その点、クリトリスは場所さえわかれば、あっという間に絶頂に達することができます。

    女性もバリバリ仕事をする今の時代、職種によって仕事柄、忙しくて時間が取れないとなれば、クリオナ派になるのも無理ありませんね。

    やっぱりクリ!中ではイけないのでクリオナ派


    「そもそも、膣オナではイケないんです。どこをどうすれば気持ちよくなれるのかも、まったくわかりません。その点、クリトリスならすぐにわかりますよね。クリオナは簡単で気持ちがいいから、ダンゼン、クリオナ派です」(20歳/女性/学生)

    女性の膣内のGスポット探しは、女性が自分ですれば簡単にわかるかというと、そうではありません。むしろ、男性に開拓されることで、快感に目覚めるというパターンが多いでしょう。膣オナの気持ちよさがわからない以上、クリオナ派になるのは自然ですよね。

    必然の理由?セックスの経験がないから


    「まだセックスの経験がありません。だから、膣内に指を入れること自体に抵抗があって。その点、クリトリスなら触っていて気持ちいいから、もっぱらクリオナ。いつか膣オナで気持ちよくなれるかもしれないけど、今はクリオナで満足」(17歳/女性/高校生)

    女の子の初めてのオナニー経験の年齢は、平均すると14歳ごろが多いんだとか。だんだんと子供から女性らしい体つきに変わってくることと、男子と同様、女子も性に興味を持ち始める年齢だからでしょう。

    たいていの女の子が最初にオナニーを気持ちいいと感じるのが、クリトリスへの刺激から。年齢が若いほど、クリオナ派が占める割合がほとんどと言えそうです。

    初めて感じた快感!最初の体験が忘れられない


    「彼とエッチするようになって、少しずつ膣でも快感を感じられるようになったけど、自分でやるとどうもイマイチ。初めてのオナニーがクリトリスで、結構衝撃的だったから、自分でする時はもっぱらクリオナです」(19歳/女性/大学生)

    エッチの経験を積んでくると、だんだんと膣オナへと移行していくという女性が多いものの、自分でしても、あまり気持ちよくなれないという女性が多いのが特徴。膣イキは彼のリードに任せ、自分でオナニーをするには、気持ちよさとやりやすさという点で、クリオナに行きつくようです。