クリオナのやり方とは?気持ちよくなるコツ&イけない時の対処法

今やいろいろな言葉が短縮されて表現されるだけに、知らずに使うと恥をかいてしまいそう。そんな言葉のひとつがクリオナ。女性なら「あ~、あれのこと」と思い当たるのではないでしょうか。今回は、そんなクリオナのやり方を詳しく解説。コツや対処法を合わせてご紹介します。

  • 女性はピンときそう!そもそも「クリオナ」って何?

    長い言葉や、むずかしい言葉が言いにくいのは世界共通。そこで、言葉はしばしば短縮されて用いられます。言葉が変化するのは、日本だけでなく世界各国で行われているんですね。

    ただ、日本では日本語だけでなくさまざまな外国語が入ってきて、それらが短縮される点が厄介。そのため、情報収集が不十分だと、まったく勘違いして解釈してしまい、赤っ恥を欠いてしまう可能性も。

    そんな短縮された言葉の一つに、クリオナがあります。クリオナとは、どんな言葉が短縮されているのでしょうか。女性なら「あ~、あのことね」とピンとくる人は少なくないかも?そこで、今回は、そんなクリオナについてご紹介します。

    ズバリ!クリトリスを刺激するオナニーの事


    クリオナとは、クリトリスオナニーを略した言い方。女性がオナニーをするにあたっては、膣でも快感を得られるとあって、膣派とクリトリス派とにわかれます。そのため、膣派は膣オナ、クリトリス派はクリオナと呼ぶのが特徴です。

    いわゆる男性が勃起したペニスをしごいてオナニーをするのは、そこがもっとも快感を感じる場所だから。女性の場合は、クリトリスに当たります。そのため、女性もエッチな気分になった時、クリトリスを刺激してオナニーをするわけです。

    クリオナの特徴は、刺激を与えてから絶頂に達するまでの時間が、膣オナに比べて短いこと。そのため、女性が初めてのオナニーを経験するのは、たいていクリオナと言えるでしょう。

    クリオナはわかったけど…そもそもクリトリスって?


    女性の身体の中で、もっとも強くて刺激的な快感を感じることで知られるクリトリス。漢字による表記は陰核(いんかく)で、人だけでなく、哺乳類の雌の性器にも備わっている、小さな突起物のことを指します。

    女性のクリトリスについては、なぜ存在するのかや、そもそもの発端は何なのかで諸説分かれています。その中で、もっとも説得力があるのが男性の陰茎、つまりペニスと同じ役目を果たすために存在するという説です。

    男性は陰茎に直接的な刺激を与えられることによって膨張して大きくなり、固くなることはよく知られていますね。女性のクリトリスも同じく、刺激を与えることで通常3-5ミリ程度が少し膨らみ、固くなるのが特徴です。

    道具を使わず指だけでも出来るのが好まれる理由


    クリトリスは女性器の最も上の部分にあり、通常は皮を被って、性器の中に入っています。刺激を受けて性的に敏感に反応してしまうと、かなり強い快感に襲われるのが特徴。それだけに、普段は皮を被って刺激を避けるよう、わかりにくい場所にあるのでしょう。

    大きさはもちろん、場所にも個人差があるため、だいたいこの辺りと察しをつけながら探すことになります。クリオナのメリットは、女性が自分でそろそろと場所を探り当てることができること。

    基本的にまずは道具を使わず、指を使って場所を探ります。見つけたら、刺激を与えることでクリオナのベーシックなやり方。自分の指さえあれば誰でもできるのが、クリオナが女性に好まれる理由です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)