トゥンクの意味と元ネタを解説!使う場面やSNSで多用される理由も

  • なんだか物足りない!トゥンクをより強調するには?

    トゥンクを使ったはいいけど、物足りない、トキメキを伝えきれていないと感じた時には、トゥンクを強調するための工夫をしましょう。色々な表現をプラスすることで、トゥンクの存在感が大きくなり、読んだ人も込められた意味合いを深く感じ取ることができるようになります。

    言葉の配置を工夫したり装飾を施したり、様々な方法があります。ここでは、難しく考えずに気軽にできてしまう方法をご紹介していきましょう。トゥンクをどんな風に強調したいかに合わせて選ぶといいですね。

    トゥンクを繰り返す


    「今日も〇〇が素敵…トゥンク、トゥンク…」など、トゥンクを複数繰り返すことで、とにかく言いようのないトキメキを強調する効果が生まれます。トゥンクを一度使ってみて「気持ちがおさまらない!」という場合は、もう一度繰り返してみましょう。

    中には、心臓の鼓動を表すように、トゥンクのみを何度も使う人もいるようです。「最大限にときめいた!」と思う時には、そういった使い方も効果的。気持ちの盛り上がりを相手に伝えられますし、自分もすっきりするはずですよ。

    一緒に顔文字を使う


    トゥンクだけを使っても、喜びや切なさなど複雑な感情は伝わりにくいもの。そこで、顔文字と一緒にトゥンクを使ってみましょう。顔文字は、その名の通り人の表情を表した文字ですので、自分がトゥンクに込めている表情が相手に伝わりやすくなります。

    「〇〇くん萌え!( *´艸`)トゥンク…!」「〇〇の笑顔がかっこよすぎて辛いレベルでトゥンク(´Д⊂ヽ」など、トキメキにもいろいろな感情が込められていることがよく分かりますよね。泣けるほど切ないトキメキもありますし、自分の感情を目一杯伝えたい時には顔文字がオススメです。

    LINEスタンプを使う


    LINEをしているなら、文字だけではなくスタンプも有効に活用していきましょう。コラ画がそのままスタンプになっていたりもするので、手軽に使えます。アニメやゲームなどの推しキャラについて語りたい時には、その作品のスタンプを使うだけで、推しキャラへのトキメキを伝えられますよね。

    そうでない場合は、可愛らしいキャラクターや、女の子スタンプがオススメ。女の子スタンプはシーン別に分けられているものもあるので、喜怒哀楽をスタンプだけでも表現できます。先に説明した顔文字のようなものと考えてトゥンクと併用すれば、可愛らしく熱のこもったメッセージのでき上がりです。

    改行する


    単純にトゥンクを強調したい場合には、文字やスタンプを加えるのではなく、改行してみてもいいでしょう。トゥンクの前後の行を空白にすると、その4文字がいっそう強調されます。正直使うシーンは限られてしまうでしょうが、文字を際立たせるという意味では効果的です。

    トゥンクを罫線で囲んだりすると、より強調することができそうです。また、先に紹介した顔文字とあわせて、{}の記号を吹き出しに見立てるのもオススメ。改行することで存在感が強くなると同時に、メッセージ性も強くなっていくでしょう。