トゥンクの意味と元ネタを解説!使う場面やSNSで多用される理由も

ネットから飛び出した言葉の一つ「トゥンク」。主にトキメキや胸の高鳴りを表す際に使われています。今回は、トゥンクとはそもそもどんな意味があるのか、どんな場面で使うのかなどを徹底解説していきます。ネット用語に疎い人のために、トゥンクの有効活用する方法もご紹介します!

  • トゥンクってどういう意味?元ネタは?

    「トゥンク」という言葉をご存知でしょうか。どことなく海外の言葉のように感じる人もいるでしょう。実はこれ、れっきとした日本国内の言葉なんです。若い世代を中心に、主にネット上で使われています。

    今回は、ネットスラングの一つである「トゥンク」についてご紹介していきます。トゥンクとはどんな意味なのか、どんな場面で使われるのかを正しく理解していきましょう。ネットスラングに抵抗がある人でも、上手に使えばSNSでの会話が更に盛り上がるかもしれません。

    胸のトキメキを表す言葉


    トゥンクの意味には諸説ありますが、一番納得しやすい説は「胸のトキメキを表す」という説です。胸の高鳴りの擬音「トクン」が変容したものと言われています。胸の高鳴りなら「トゥンク」じゃなくて「トゥクン」じゃない?」という意見もあるでしょう。どうやら変容の過程で誰かの悪戯心が作用して「トゥンク」になったようです。

    他にもいろいろな説がありますが、ネットスラングは個人個人が自由にアレンジを加えていくもの。会話の流れや使う人のテンション次第で、言葉がさまざまに変容していきます。しかし、ベースとなる意味合いは変わりません。トゥンクの場合は、ベースが胸のトキメキを表している言葉なのです。

    元ネタは漫画とアニメ


    トゥンクの意味は胸のトキメキですが、元々どこからこの言葉が生まれたのでしょうか。それもまた諸説あり、トゥンクの流行時期からして、有力とされている説は主に二つあります。

    一つは、コミカルな少女漫画で「トクン」という胸の高鳴りを、冗談めかして「トゥンク」と表現したという説。単純にロマンチックな少女漫画ではなく、シュールでどことなく笑えてしまう漫画が流行った頃に、トゥンクという言葉も広まり始めたようです。

    そしてもう一つは、テレビアニメ『イナズマイレブン』のキャラクターセリフから来ているという説。少年サッカーを題材としたアニメですが、作中の音村楽也というキャラクターが、「トゥントゥクトゥントゥク…」と口でリズムを刻む場面から広がったという説もあるのです。こちらもまた、時期的にトゥンクが流行し始めた頃と重なります。

    SNSでよく使用される


    漫画やアニメから派生した言葉ですが、今はSNSでも当たり前のように使いこなしている人が多くいます。対象が何であれ、自分の胸のトキメキを表現する時にはとても使い勝手のいい言葉なのです。

    まず、SNS上で入力できる文字数には制限がある場合もあり、カタカナ4文字というのも使い勝手がいいのでしょう。他にもネット上の俗語や略語は、ネット上だからこそ浸透しやすいという事情もあります。

    どちらにしても、現代では欠かせないネットワーキングで、「楽しみたい」「自分の気持ちを思い切り表現したい」と思った時に手軽に使える言葉なのです。