切れ長の目ってどんな目?その魅力やおすすめのメイク術を一挙紹介!

人の目の形はさまざまですが、切れ長をした女性には、独特の魅力があるものです。切れ長の目とはいったいどんな目のことを言うのでしょうか。この記事では、その特徴と共に、女性芸能人を参考に切れ長の目の美人を挙げてみました。魅力を増すメイク術も、併せてご紹介します。

  • 切れ長の目ってどんな目?一重との違いは?

    瞳の形を表現する時、切れ長という言い方をよくしますよね。とはいえ、実際のところ、どんな目のことを言うのでしょうか。一重との違いはどこにあるのかなど、意外とわからないことだらけ。今回は、そんな切れ長の目について、多方面からご紹介します。

    切れというだけに?目じりが鋭い


    「切れ」という言葉が使われているだけあって、最も印象的なのは目じりの鋭さでしょう。つり目とも呼ばれるだけあって、上方向へと鋭く上がったような形をしているのが特徴です。

    動物に例えると、きつねが当てはまるため、きつね目なんて呼ばれることも。つり上がった形がコンプレックスと感じている人なら、かわいい雰囲気も持っているきつねに例えられるのは、逆に好ましく感じられそうですね。

    一重もあるし二重の切れ長の目もある


    切れ長の瞳というと一重まぶたの人を連想しがちですが、二重まぶたの人も多くいます。ぱっと見がシャープなのが特徴的な印象だけあって、奥二重の形状のまぶたの人にも当てはまるのが特徴と言えるでしょう。

    まぶたの形状が決め手なのではなく、その形が一番の特徴。一重の人もいれば、二重の人、さらには奥二重の人まで、まぶたの形状はさまざまです。

    特徴的な形!外国ではアーモンドアイズとも呼ばれる


    切れ長の形が特徴的とあって、海外ではアーモンドに例えられることがよくあります。そのため、切れ長、つり目といった日本での言い方とは違い、アーモンドのような形ということで、アーモンドアイズ、あるいはアーモンドアイと呼ばれています。

    切れ長ならまだよい印象ですが、つり目と言われると何となく複雑な気分になるのも確かですよね。その点「アーモンドアイズだね」なんて言われたら、おしゃれな雰囲気がありますし、そんな表現をしてくれた人にも好感を持ってしまいそうです。

    最大の決め手は形状に尽きる


    一重や二重など、まぶたの形状には関係ないとなれば、切れ長の最大の特徴は形そのものにあるといっていいでしょう。目じりに向けて、上方向に引っ張りあげられたような形が特徴です。

    まぶたがどうであろうと、この特徴的な形こそが切れ長の目と言われるゆえんと考えると、自分は切れ長に当たるのかどうかが判断できるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)