40代独身男性の恋愛&結婚観とは?脈ありサインとアプローチ方法

  • 40代独身男性の恋愛・結婚観

    では次はいよいよ、40代の独身男性の気持ちを理解していきましょう。彼らはどんな恋愛観・結婚観を抱いているのでしょうか?

    外見よりも内面を重視


    少し残念なことかもしれませんが、基本的には男性は、いつだって若くて綺麗な女性を求めています。男性に「魅力的な女性の年齢は?」と聞くと、世代に関わらず「20代前半」と答えるくらいです。

    しかし、そうは言っても全く変化しないわけではありません。年を重ねると、外見的な魅力への関心は徐々に減っていき、内面的な魅力を求めるようになります。「いくら見た目がよくても…」という考えになってくるのです。

    したがって、40代独身男性を射止めるには外見よりも中身を重視したほうが〇。一緒にいて安らげるか、信頼できるかといったことがポイントとなります。

    相性がいい人がいれば結婚したい


    40代独身男性は、どうしても結婚したいとは考えていません。もしそう考えていたら、きっともっと早い段階で結婚のために行動を起こしていたはずです。

    また、40代になるまでに周囲が結婚し、その実情を耳にするようになります。具体的には妻の愚痴や子供の将来の心配を聞かされる機会が多いわけです。こういった情報に触れていると、どうしても結婚したいとはあまり考えなくなります。

    結果として「相性がいい人がいれば結婚したい」という、やや消極的な願望になりがちです。しかし、この余裕こそが40代独身男性の魅力ともいえます。

    子供が欲しい


    40代独身男性が「結婚したい」というと、「どうして今になって?」と思う人もいるかもしれませんね。特に、それまで結婚願望がなかった人がいきなりそのようなことを言いだすと、その心変わりの原因が気になるところです。

    そして、その心変わりの原因としてよくあるのが「子供が欲しい」というもの。やはり人間も生き物なので自分の子孫を残したいと思うということです。仕事が落ち着いた40代になって、そういうことに考えが向くようになる人も少なくありません。この場合、必然的に結婚相手には若い女性を選ぶことになります。

    恋愛が面倒くさい


    40代独身男性は、若い男性に比べて恋愛を面倒に感じていることがあります。そう感じているからこそ、これまで独身でいたのかもしれません。また、年を取ると余計に腰が重くなるというのもあるでしょう。

    したがって、恋愛はあまりエネルギーを使わないものを好みます。お金に余裕があるので高級なレストランなどには連れて行ってくれるかもしれませんが、一緒に遊園地に行くようなデートはなかなか受け入れてくれません。

    恋愛に本気になりづらい


    40代独身男性はどこか恋愛に本気になれないところがあります。よく言えば落ち着いている、悪く言えば諦め気味なのです。

    40代独身男性の中には、これまで恋愛で失敗してきた人や、離婚経験がある人もいます。そういう人は、自分は女性と恋愛・結婚するのが向いていないのだと考えがち。その結果、本気で恋愛に取り組んで失敗するよりは、ほどほどにしておいたほうが良いと考えることも多いです。

    そのため、40代独身男性が「結婚したい」と言ってもすぐに鵜呑みにするのはNG。口ではそう言っても慎重になっている可能性が高いので、焦らずに信頼を獲得することが大切です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)