マウンティング男子の特徴と対処法!要注意な狙われやすい人とは?

暗に人を見下す態度をとって自分を大きく見せようとする「マウンティング男子」。そんなマウンティング男子に悩まされている女性は多いのではないでしょうか?この記事では、彼らの特徴や対処法をご紹介します。マウンティング男子への対応に困っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  • 面倒な「マウンティング男子」に要注意!

    マウンティングをするのは女性だけではありません。実は、男性にもマウンティングをしてしまう人はとても多いのです。今回は、厄介な「マウンティング男子」についての特徴や対処法を解説していきます。

    そもそも「マウンティング」とは?


    マウンティングとは元々、動物社会において自分が優位であることを表すために相手に馬乗りになる行為のこと。近年ではその行為から派生して、人間関係において勝手に格付けをし、自分が相手より勝っていることをアピールする意味の言葉として知られています。

    直接的に「自分のほうが勝っている」と伝えてくるのではなく、言葉の裏に本心を隠して暗に伝えてくるパターンもあり、今思えば気付かないうちにマウンティングされていた!なんてことも多いでしょう。

    マウンティング男子はどんな場面に出没するの?


    では、マウンティング男子はどういった場面で見られるのでしょうか?特に多く出没するのは、飲み会の席です。さらに、その場所に女性がいると、よりマウンティングしたくなってしまう傾向にあります。

    しかし、マウンティング男子が現れるのは飲み会だけではありません。会社や学校など、日常生活においても、何かとマウンティングをしたがる男性はいます。

    そのため、マウンティング男子にどのように接していくべきか、悩んでいる女性は多いでしょう。この後のページでそういった男性への対処法もご紹介するので、参考にしてみてくださいね。
  • マウンティング男子の特徴

    まずは、マウンティング男子に多く見られる特徴を把握しておきましょう。あなたの周りに当てはまっている人はいませんか?もしも思い当たる人がいれば、彼はマウンティング男子の素質を持っていると言えるでしょう。そういった男性には要注意です!

    上から目線で話す


    空気を読まずに人を見下す話し方をして、他人を不快な気持ちにさせてしまう人に心当たりはありませんか?話し方が上から目線になるのは、マウンティング男子の特徴の一つです。

    例えば、相手が求めてもいないアドバイスや知識を押し付け、自分が優位であることを示したり、他人に対して「お前」などと失礼な呼び方をすることもあります。マウンティング男子は、自分を尊敬してほしいがあまり、人を見下してしまう傾向にあるのです。

    自分の価値観を押し付ける


    マウンティング男子は、自分の意見や価値観を「間違っている」と指摘されることを嫌います。そのため、自分がすべて正しいかのような話し方をするのです。もちろん自分の意見を持っていることは悪い事ではありません。しかし、それを他人に押し付け、周りの意見を否定してしまうのがマウンティング男子の恐ろしいところとも言えるでしょう。

    他人の言葉を遮って話す癖のある人や、「でも」「そうじゃくて」といった否定の言葉から話し始めてしまいがちな人は、マウンティング男子である可能性が高いので注意が必要です。

    負けず嫌いな性格


    他人に負けたくない気持ちが強いのも、マウンティング男子の特徴の一つです。全てにおいて勝敗で判断するので、些細なことでもつい張り合ってしまいます。自分が一番でなければ気が済まず、負けたくないために相手の粗や弱点を探してしまうのです。

    同じ負けず嫌いな性格でも、上昇志向が高い人であれば負けたくない気持ちを行動で示します。しかし、マウンティングしてしまう男性は現状のままで他人に勝とうとするので、他人から面倒に思われてしまうことも少なくありません。

    精神年齢が低い


    マウンティング男子はとても幼稚で、自分のことに精一杯。他人のことを気遣う余裕がないので、小さなことに突っかかってしまうのです。自分ではない他の誰かが持てはやされていると、機嫌を損ねて、構ってほしい気持ちが生まれます。

    そのため、他人の気を引こうと自分が目立つような幼稚な行動をするのです。マウンティングも、他人の気を引くための行動の一つと言えるでしょう。

    狭い世界で生きている


    広い世界で活躍している男性は、自分の小ささを知っています。自分よりもさらに上がいることをよく理解しているのです。しかし、同じ枠の中でだけしか物事を見られない視野の狭い人間は、どうしても自分が上位にいるような気持ちになってしまいます。

    また、マウンティング男子は新しいことに挑戦するのを拒む傾向にあります。自分の限界を思い知らされることを恐れているのです。古い考え方にとらわれている心の狭い男性が身近にいたら、実はその人はマウンティング男子かもしれませんね。