性格悪い人の特徴と対処法!自分を「性格悪い」と感じる瞬間とは?

  • 性格が悪い人に困った時の対処法!

    性格が悪い人はどこにでもいるもので、どうしても対応しなければいけない時も訪れます。そんな時に無難にやり過ごすために、性格が悪い人に困った時の対処法を知っておきましょう。対処法さえ知っておけば、性格が悪い人に出くわしても難癖をつけられずにスルーすることができますよ。

    距離を保って関わらない


    性格が悪く、いかにも難癖をつけてきそうな相手には、近寄らないことが大切です。一定の距離を保ち、極力目も合わせないようにしましょう。向こうから近づいてくる場合には、さりげなく離れると良いですね。

    それでも話しかけられる場合には、当たり障りのない返事をします。ここで真面目に対応したり、相手の機嫌を損ねてしまうと、後々厄介なことになりかねません。自分の身を守るためにも、失言しないよう気をつけましょう。

    また、同じ職場や学校にそうした人がいる場合には、面白半分で近づかないことです。変に関わると面倒に巻き込まれる恐れもあり、後悔することになりますよ。

    性格悪い人の言うことは信用せず聞き流す


    性格が悪い人の言うことは、多くの場合、尾ひれはひれがついていて信用できるか怪しいでしょう。そのため性格悪い人の言うことを鵜呑みにするのではなく、その場では聞き流し、後で正誤を確認したり信用できる人から情報をもらうようにします。

    特に性格が悪い人は、あることないことを周囲に吹き込みます。根拠のない噂話や悪口もあるでしょう。そうしたことをいちいち真に受けていては疲れるだけです。相手にするだけ損なので、耳を傾けない方が良いですよ。

    相手の意思や意見に流されない


    多くの人から嫌われる人は、大抵「私の言っていることは本当」「俺についてくれば間違いない」など、根拠のない自信を持っています。リーダー格といえるほど強気な人からそういわれれば、性格悪いと知りつつも、つい従ってしまうでしょう。

    しかし性格が悪い人を本気で相手にする必要はないので、相手の意見に流されない強い意思を持つことが大切です。間違っていることを直接否定しろとは言いませんが、相手に流されないことが大切でしょう。

    性格の悪い人に反論すると何をされるかわかりません。身を守るために衝突は避けて、なおかつ性格が悪い人の意見に負けないようにしましょう。

    当たり障りのないことを言ってフェードアウトする


    運悪く性格が悪い人に気に入られてしまうこともありますよね。本当は関係を持ちたくないのに、やたらとすり寄ってこられた場合には、当たり障りのないことを言ってフェードアウトするのがおすすめです。

    ここで真面目に対応すると、仲間意識を持たれて厄介になるでしょう。性格が悪い人の仲間として、周囲の人に認識されてしまう危険もあります。自分は何も悪いことをしていないのに、悪者扱いされてしまうでしょう。

    自分の株を落とさないためにも、性格悪い人とは距離を置くことが大切です。自然にフェードアウトできるよう、適当に話を聞き流しながらそっと離れましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)