性格悪い人の特徴と対処法!自分を「性格悪い」と感じる瞬間とは?

  • 性格悪い人を見抜く方法とは?

    性格悪いと感じる人とは、できるだけ関わりたくないのが本音ですよね。では、そんな性格悪い人を見抜くにはどうしたら良いのでしょうか?次のようなポイントをチェックすると、性格が悪いとされる人を見極められるでしょう。

    鼻で笑う仕草をするか


    本当に性格悪い人は、他人の話を鼻で笑い、馬鹿にしたような雰囲気を自然と出すものです。普段から相手を見下しているからこそ、話にならないと鼻で笑ってしまうのでしょう。言葉に出さずとも、性格の悪さはこうした行動にも表れます。

    主に鼻で笑う仕草は、相手を馬鹿にしていたり見下している時に出るものです。その人の深層心理が行動として表面化するので、やたらと鼻で笑っているならその人は性格が悪いのでしょう。

    自分も何か話すことで笑われている可能性があります。話している最中に鼻で笑われたら、できるだけ関わらない方がストレスを溜めなくて済むでしょう。

    笑う時の目元を見る


    人が笑うのは、心から楽しんでいるときだけではないですよね。中には愛想笑いをしている人や、内心小馬鹿にしながらほくそ笑んでいる人など、笑いにはさまざまな理由があります。そのため、その笑いが本物かどうか見分ける時は、笑う時の相手の目元に注目しましょう。

    本心で笑っている人は、たいていは目尻が下っているはずです。それに対して性格が悪い人の笑いは、ヘラヘラしていたりいやらしさを感じたり、目が笑っていないなどの特徴があります。

    笑い方が気持ち悪い、違和感があると感じるなら、相手は性格の悪いことを考えている可能性が高いでしょう。

    悪口をどの程度言っているか


    悪口を全く言わない人は、この世に数える人ほどいないでしょう。不満を感じると、つい悪口が出てしまうものです。しかし、悪口が少なかったり滅多にないのであれば、性格が悪いとまではいえないでしょう。

    悪口をいう人が性格悪いといわれてしまうのは、悪口を言う頻度がずば抜けて高いからです。例えば顔を合わせる度に言っていたり、毎日言っているような人は、性格が悪いといわれても反論できないでしょう。悪口が多ければ多いほど、性格悪い人と噂されます。周囲は付き合いたくないと感じてしまうでしょう。

    人によって態度を変えるか


    性格が悪い人は、人によって態度をコロコロと変えるものです。そのため、相手が性格悪い人かどうかは、人と接する様子をみれば見抜くことができるでしょう。

    本当に性格悪い人は、相手によって態度をあからさまに変えます。例えば仲の良い人と話をしている時は笑顔なのに、嫌な人がくると途端に迷惑そうな態度や雰囲気に変わります。こうした姿をみれば、周囲は引いてしまうでしょう。

    相手が仲のいい人か悪い人かで態度が多少変わってしまうのは仕方のないことです。しかしあからさまに、人に分かるように態度を変えるのは、性格が悪いからといえるでしょう。

    舌打ちが多い人は性格悪い可能性大


    イライラしている時に、つい舌打ちをしてしまう人っていますよね。舌打ちは「イライラする」「気に食わない」と感じた時に出てしまうものです。舌打ち自体が悪いとは言い切れませんが、これが多い人は性格悪い人である可能性が高いので注意しましょう。

    舌打ちは、主にイライラが募った時に出してしまうものです。反射的に出るときもありますが、それが多いということは、周りに対して自分のイライラを意識的にアピールしているも同然でしょう。イライラをアピールして、自分の機嫌を取るように示唆しているのです。

    また不機嫌を露骨に表現するのは、性格がいいとはいえませんよね。たまに出てしまうなら仕方ないで済まされますが、意図的に出している人は性格が悪いといえるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)