性格悪い人の特徴と対処法!自分を「性格悪い」と感じる瞬間とは?

  • 性格悪い人の特徴《その2》

    性格悪いといわれる人の特徴は、まだまだ次のようなものもあります。知らないうちに自分で行っているものもあるかもしれませんね。自分がそうした人になっていないか、反省も込めてチェックしてみましょう。

    嫌がらせを悪びれた様子もなく行う


    誰にだって嫌な人や苦手とする人はいるでしょう。「気に食わない」「関わりたくない」と思う人も少なからずいるものです。そうした人に、悪びれもせず嫌がらせを行う人っていますよね。

    こうした嫌がらせを悪びれることもなく行える人は、性格悪いといわれても仕方ありません。嫌がらせは、大なり小なり相手に悪意を持っているからこそ行えるものです。その内容によっては、少し罪悪感を感じる人もいるでしょう。

    しかし本当に性格が悪いと、どんな酷い嫌がらせであっても「あいつが悪いから」と責任を転嫁して反省する様子が見られないものです。

    相手に非がないのに無視をする


    世の中には「相手が気に食わないから」という理由だけで無視を決め込む人もいますよね。何か悪さや嫌がらせをされたから無視をしているのであれば、百歩譲って納得する人もいるでしょう。しかし単に「気に食わないから」という理由だけで無視をする人は、「性格悪いね」と噂されます。

    相手に何の非もないのに、やたらと無視を決め込む。こうした姿は単に相手に嫉妬しているだけにも見えるでしょう。大人として情けない振る舞いですが、年上であるはずの会社の先輩などが、若かったり可愛かったりする後輩を妬んで行うことも多いです。

    自分が単に相手に嫉妬しているだけで無視をしては、性格悪いといわれても仕方ありませんね。お局様が嫌われやすいのは、こうした性格の悪さが前面から感じられるからでしょう。

    相手を見下す


    まるで自分が上司や王様になったかのように、他人を見下す人っていますよね。こうした「自分は偉い」と勘違いしているタイプも性格悪い人といわれるでしょう。相手を見下すのは、自分が優れていると確信しているからです。

    確かに優れた人間であれば、多少は鼻が高くなってしまっても仕方ないでしょう。それだけ自分にプライドがあり、誇れる人間だと自覚しているのです。しかしプライドがあることと他人を見下すことは別物です。

    例え自分がどれだけできる人間であっても、他人を見下すことしかできない人は所詮「性格悪い人」として扱われます。本当にできる人間であれば、他人を見下すことなく平等に接することができるでしょう。

    他人の話を否定ばかりする


    他人の話を聞いて「それは絶対に違うと思う」「自分はこう思う」など、否定的な意見ばかりする人っていますよね。こうした「他人の話を否定ばかりする人」「否定語から話を始める人」は性格悪いといわれるでしょう。

    確かに相手が間違った情報を鵜呑みにしている可能性もありますよ。だからといって、他人の話を否定ばかりしては、相手は不快感を募らせるだけです。否定するにしても「それは間違っているよ」と正しい情報を与えることが大切でしょう。

    それなのに「違う」「間違いだ」などと否定だけされれば、単に否定だけしたい性格悪い人間にしか見えません。間違った情報を否定するのは良いですが、同時に正しい情報を提示できないと単に嫌な人間に見えてしまうでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)