泣いて拒否する、思い出話で情に訴える…「大好きな恋人から「別れよう」と言われたけれど、絶対に分かれたくないと思ったとき、彼氏を引き留める方法とは?」308人に聞いた女性の本音

泣いて拒否する、思い出話で情に訴える…など「大好きな恋人から「別れよう」と言われたけれど、絶対に分かれたくないと思ったとき、彼氏を引き留める方法」について紹介します。(2014年4月実施 10~20代独身女性308名)

  • 大好きな恋人から「別れよう」と言われたけれど、絶対に分かれたくないと思ったとき、あなたならどんな風にして彼氏を引きとめますか? 実際のご経験でも想像でもいいので、具体的に教えてください。

    あなたにとって役に立てる女になるからと言った(20代女性)


    具合が悪いふりをして引き止める。とりあえずご飯食べようと誘う。(10代女性)


    最初はいやだよ、わかれたくないよといい、そっか、私が悪いんだね、もうだめなのかあとかなしくひきとめる(20代女性)


    その時は何を言っても無駄だと思うので、「大好きだよ、今までありがとう」ということを伝えてその場を離れる。しばらく冷却期間を置く。(20代女性)


    自分はあなたのことをこんなにも考えて受け入れたいという気持ちをこれぞとばかりに伝える(20代女性)


    何がいけなかったのか。理由を聞いて、どうしても別れたくないと伝える。(20代女性)


    どうしても会いたくなったら連絡してもいいなどつながりを持っておく(20代女性)


    でも私にはあなたしかいないと言って粘る。(20代女性)


    分かったと素直にいい、涙を見せた後ににこっとして名残惜しい気持ちにさせる(20代女性)


    悪い点を直そうとする姿勢を見せる。綺麗になる努力をする(20代女性)


    何が原因なのかを聞く。 決め手をきいてみる そう思ったきっかけ(20代女性)


    もうっちょと考え直してくれないと説得する(20代女性)


    まだ大好きで別れたくないという自分の気持ちを全部相手に話す。(20代女性)


    もし、彼氏の胃袋をつかんでいるのであれば、「もう私の特製○○食べられなくなっちゃうよ」って言うと思います。その人にしか出せない味があると思うし、彼氏が、それが好きなのであれば、効果有るかなーと思います。(20代女性)


    いちじてきにきおくそうしつのふりをしてそらとぼける(10代女性)


    最後に1回だけとデートにさそう。思いでの場所に行ったりおもてなししたりする(20代女性)


    あなたのいない人生はあり得ないや考えられない等の女々しいセリフを言う(20代女性)


    理由を聞いたり、とりあえず二人で話し合ってみたりして決める。(20代女性)


    なんとか言いつつ、いやよいやよも言えるんだよね。(20代女性)


    何が悪かったのか聞く。なぜ別れたいのか聞く。泣きじゃくる。(20代女性)


    引き留めるような性格ではないのですが、絶対に別れたくないのであれば『1カ月だけじゃあ連絡取らないで本当に別れたいなら別れましょう。』と、一時的に冷静になって貰う。(10代女性)


    原因を突き止めて、直せる部分は直すようにする。(20代女性)


    泣いて嫌と言った。手紙を出して復縁をお願いしました。(20代女性)


    あと一週間だけチャンスをちょうだい!と言う(20代女性)


    考え直して欲しくて話をしようと電話しまくりました。(20代女性)


    いったん連絡を絶つ。しばらくしてから、家庭料理でアタック(20代女性)


    楽しかった思い出を語ったり、自分の悪いところを聞いたり。(20代女性)


    何で別れたいか理由を聞く。あまりにもしつこく聞いたら嫌われるから、控え目に。(20代女性)


    泣いて抵抗する。どこが悪いのか問う。改善を誓う。(20代女性)


    泣きわめいてできるだけ騒ぎたて引き止めようとする。(20代女性)