乳首開発のやり方を詳しく解説!刺激する場所と感度を上げる触り方も

  • いざ、実践!乳首開発の詳しいやり方を解説!

    ここを重点的に刺激することで、開発されていくという場所がわかったら、あとは実践するのみ!そこで、ここからは感度アップにつながる乳首開発のやり方を、詳しくご説明します。これならできそうというものを選び、さらに複数を組み合わせるのがポイントです。

    神経を目覚めさせよ!乳首を強めに刺激する


    乳首で快感を得られない最大の理由は、神経が敏感ではないからです。もともと、乳首の神経は鈍感にできていますので、感じるには神経を目覚めさせる必要があります。

    神経は刺激によって目覚めるので、刺激を与え続けたり、強い刺激によって感覚が鋭敏になるのだそう。そのため、まずは神経を目覚めさせるところから着手しましょう。それには、乳首を強めに刺激するのがおすすめです。

    刺激の仕方は、指でつまんで少し強めに握ったり、引っ張ったり、あるいは圧を加えて押し込むようにしながらグリグリ。触っても特に何も感じない人なら、少しずつ強めに刺激していってもいいでしょう。神経がようやく目覚めると、何らかの変化を感じるようになります。

    それって何?スポールバンを乳首に貼る


    神経が目覚めるまで、ずっといじっているのはたいへんという人におすすめなのが、24時間刺激を与え続けられるスポールバンの活用です。スポールバンとは、肩こりや腰痛を和らげるために作られた鍼治療で用いるもので、いわゆるツボ刺激に使われます。

    おなじみの磁気ばんそうこうの磁気部分が、長さ1ミリ程度の鍼になっているのが特徴。鍼と聞いてびっくりする人は多いでしょうが、極細で極短な鍼のため、痛みを感じることはまずありません。

    鍼がもたらす効果は、皮膚の表面に鍼を指すことが刺激になり血流がよくなること。スポールバンを乳首に貼れば、24時間血流がよくなり、感度を上げる開発につながります。

    快感をリンクさせよう!オナニーと併用


    女性のほとんどがオナニーの際に、乳首と性器への刺激を片方ずつの手で行っているでしょう。乳首に与える刺激が、下半身にうずきとなって伝わり、より快感が増すからです。その意味では、女性の方が自分での開発が簡単でしょう。

    一方の男性は、強い快感を得ようと両手を使っていることがほとんど。乳首には関心を払っていないでしょう。そこで、女性と同じように両手を使い分けてみましょう。

    片手でペニスを刺激し、もう片方の手で乳首を刺激するのは、慣れないうちは大変かもしれませんが、開発が進むと、驚くほど気持ちよくなる可能性が。これまで性感帯ではなかった部分が開発されるのですから、気持ちよさに拍車がかかるのも自然ですね。

    異なる刺激を与えて敏感に!いろいろな物で刺激する


    手で刺激を与えるのがもっとも簡単かつ手軽ですが、開発するには異なる刺激を与えるのが効果的です。神経も、いつも同じものからの刺激より、変わったものからの刺激に驚きそうですよね。

    柔らかいものや硬めのもの、角のあるものに丸いものなど、周囲を見渡せばいろいろなものが見つかるはず。これらを使いわけて、さまざまな感じ方を受ける刺激を与えるのがポイントです。

    注意しなければいけないのは、刺激を与える際に傷をつける可能性があるものは避けること。あくまでも感度を上げ、気持ちよくするためにおこなうことなので、痛みを伴うものはやめましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)