誰にも会いたくない…そう感じる原因は?心理や対処法も詳しく解説!

  • 誰にも会いたくないと感じた時の対処法《家の外編》

    家族とさえも顔を合わせたくないという気分になった時は、家の中にいてもストレスが溜まるばかり。家族にイヤな顔をされることもあるかもしれません。そんな時は、家の外へ出た方がいいでしょう。次は、家の外でできる対処法をご紹介します。

    哲学者を見習う方法!散歩に行く


    昔から、哲学者たちは考えごとに行き詰まると、しばしば散歩に出かけたと言われています。さまざまな格言や名言は、散歩をしている時に生まれたものが多いのだとか。散歩しながら考えるのもいいですし、何も考えずにただ歩くのもおすすめです。

    誰にも会いたくないと感じる時は、自然の豊かなところに行くのがいいかもしれません。川沿いに整備された遊歩道があれば、安心して歩けます。普段は滅多に歩かない場所を歩くと、新しい発見があり、見ている間はあれこれ考えずに済むでしょう。

    身も心もゆったりポカポカ!温泉に行く


    女性一人の宿泊を断る旅館やホテルはいまだにありますが、日帰りなら全く問題ありません。誰にも会いたくないと感じた時は、温泉に行くのもおすすめです。たっぷりのお湯に体を沈めて思う存分手足を伸ばせば、自然と頭の中が空っぽになりますね。

    手足を伸ばしてのびのび、お湯の温かさにくるまれてぬくぬく、そんな状態が心も体も癒してくれます。最近は、女性専用の旅館やホテルもありますので、女性が一人で温泉に行くなら、女性専用の宿泊先があるところへ出かけるのがおすすめです。

    一人で温泉に浸かり、温泉旅館ならではの豪華な料理に舌鼓を打つ。宿泊先でちょっとしたわがままを言って、叶えてもらうのもいいかもしれませんね。

    緊張をほぐすことが大事!マッサージを受ける


    温泉旅行に行くのはハードルが高いという人におすすめなのは、マッサージを受けること。誰にも会いたくないと感じる時は、体に力が入って緊張している人も少なくありません。

    肩こりがひどくなると、背中や腰など、あちこちの筋肉がこわばってきます。筋肉はつながっているので、疲労物質が多く溜まると全身がカチコチになってしまうからです。マッサージは筋肉をほぐし、血流を良くしてくれる効果がありますので、体が楽になるでしょう。

    体が楽になれば、思考も前向きになるというもの。緊張せずに行ける先を探して、マッサージでリラックスしてみて下さいね。

    違う自分に!めいっぱいおしゃれをして外出する


    家の中にいても気分が晴れない、かといって温泉やマッサージも人と接することになるから気が乗らないという時は、目的を決めずに外出するのがいいでしょう。ただし、めいっぱいおしゃれをして行くのがポイントです。

    男性、女性を問わず、この服を着るとテンションが上がるという衣服があるのではないでしょうか。女性は普段よりもしっかりメイクをし、男性ならヘアスタイルをいつもと違う雰囲気でびしっと決めるのがおすすめ。

    めいっぱいおしゃれをして外出すると、ウィンドウに「イケてる自分」が写り、それを見ることで自信が生まれます。道行く人から振り返られたら、まんざらでもないですよね。そうなれば、また元気が戻ってきそうです。