誰にも会いたくない…そう感じる原因は?心理や対処法も詳しく解説!

  • 誰にも会いたくないと感じやすい人の特徴は?

    何となく人と会うのが面倒だなとか、特定の人に対して会うのに気が進まないと感じることは誰にでもあります。けれど、誰にも会いたくないという心理は、気の合う友人や家族など、親しい間柄の人にも及びます。もし頻繁にそんな気持ちになるなら、特定の原因だけでなく、もともとの性格も関係しているかもしれません。

    そこで、誰にも会いたくないと感じやすい人の特徴や性格をご紹介します。

    悪い方へと考えがちなネガティブ思考の人


    物事にはいい面もあれば悪い面もありますが、考え方の癖によって、どちらによりフォーカスするかがわかれます。どちらの面に目を向けやすくなるかの決定的な要素となるのが、人の思考です。

    ポジティブシンキングという言葉はすっかりおなじみになりましたが、ポジティブは一般的に「前向き」と捉えられます。つまり、ポジティブシンキングとは、前向きな思考の持ち主ということ。物事の良い面を見て、楽観的に考えます。

    誰にも会いたくないと感じやすい人は、ネガティブ思考が多いのが特徴。後ろ向きな思考回路は、さまざまことを悪い方へと考えさせます。会えばイヤなことがあるかも…と考える思考が、結果的に誰にも会いたくないという感情を作り出してしまうのでしょう。

    傷つきやすく繊細な性格の持ち主


    人の性格はまさに十人十色。たいていのことは気にしない楽観的な人もいれば、ちょっとした物言い一つで、簡単に傷ついてしまう人もいます。

    誰にも会いたくないと感じやすい人は、楽天的な性格と繊細な性格のどちらだと思うかと聞かれたら、答えは明らかですよね。繊細な性格の持ち主は傷つきやすいのも特徴で、ガラスのハートなどと揶揄されることもよくあります。

    そんな性格の人は、自分を傷つけた相手だけでなく、人全般に対して不信感を抱くようになり、誰にも会いたくないと感じるのです。

    大勢でいるのが苦手!一人の方が落ち着く人


    そもそも大勢でいるのが苦手で、一人でいる方が落ち着く性分の人は、しばしば誰にも会いたくないと考えます。

    世の中には、一人でいるのが寂しくて、常に仲間と一緒にいたいという人もいますので、これは性格的な要素が強いと言えそう。ただ、何らかの原因によって大勢でいるのが苦手になった場合は、その原因を思い起こさせる状況をイヤだと感じている可能性もあります。

    いずれにしても一人の方が落ち着くなら、その性格そのものが、誰にも会いたくないと感じさせている最大の理由と言えるでしょう。

    周りに知られたくない劣等感を抱えている人


    人は誰でも、多かれ少なかれ、劣等感やコンプレックスを抱えて生きています。むしろ、コンプレックスなど一つもないという人の方が珍しいでしょう。はたから見れば羨ましい要素でも、本人には劣等感を刺激されるポイントであることも珍しくありません。

    劣等感を抱えている場合はもちろん、それを周囲に知られまいと隠していると、誰にも会いたくないと感じやすい人になりがち。人に会えば会うほど、自分のことを知られる確率が高まるのですから、無理もありません。

    中には、会いたくないのではなく、「できるだけ会わないようにしなければ」と考えている人もいるかもしれませんね。