長続きするカップルの会話って?特徴やおすすめの話題&ネタをご紹介

  • カップルの会話を長続きさせる方法は?

    レストランで食事をしていても、デートスポットに出掛けていても、会話が続かないと苦痛を感じてしまい、せっかくのデートも楽しめなくなってしまうでしょう。では、カップルの会話を長続きさせるためには、一体どうすれば良いのでしょうか?

    共通の趣味を持つ


    カップルの会話が長続きしないと悩んでいるなら、恋人と共通の趣味を持つのが効果的ですよ。スポーツやゲーム、映画鑑賞などの共通の趣味があれば、お互いの共通の知識を持っていることになります。

    そのため、お互いに自分から話題を振りやすく、相手もそれに答えやすいので会話も深く掘り下げやすくなります。

    相手の話を最後まで聞く


    相手がまだ話をしている途中なのに、話の腰を折って自分の話を始めてはいませんか?そうやって相手の話を途中で遮ってしまうと、「この人は話を聞かない人なんだ」と思って会話する気も失せてしまいます。

    カップルの会話を長続きさせたいなら、途中で口を挟まないようにして、相手の話を最後まで聞くことを心掛けて下さい。自分の意見を言うのは、相手の話を最後まで聞いた後でも遅くはありません。

    会話を続けるためには、話題を振るだけではなく、「この人と話をしたい」と相手に思わせることも重要なので、その気持ちを失わせないように配慮して会話することも大切なのです。

    しっかりとリアクションを取る


    相手が話していることに対し、「へぇ~」「そうなんだ~」と適当なリアクションで返事をしていると、相手は「会話していて楽しくないのかな」「ちゃんと話を聞いているのかな」と不安に感じてしまいます。

    そうなると、相手もあなたと会話していて楽しくないと思ってしまい、話す気も失せてしまうでしょう。ですから、自分から喋るのが苦手で聞き役に回るのもアリですが、その場合は相手が話していることに対し、しっかりとリアクションを取ることが大切です。

    ただ、大げさすぎるリアクションは、逆に「バカにされている」と相手に思われてしまう可能性があるので程々にして下さいね。

    感想よりも質問を重視


    カップルの会話が長続きしないのは、相手の話に対して自分の感想を述べるだけで終わってしまっているからです。会話を長続きさせていくためには、会話をより深く掘り下げていく必要があるため、相手の話に対して「どんな感想を述べるか」よりも、「どんな質問で返せばいいのか」ということに重きを置いた方が良いです。

    例えば、「原宿のタピオカ専門店に行ったんだけど、すごく行列ができていて大変だった」という話に対しては、「どこのお店に行ったの?」「何飲んだの?」「どれくらい並んだの?」「昨日は祝日だったからすごい混んでいたんじゃないの?」と質問を投げかけていけば、相手も答えを返しやすいので、会話もどんどん広げていきやすいですよ。

    「5W1H」を意識する


    「5W1H」は、「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(誰が)」「What(何を)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」を意味する言葉です。

    会話をする時に「5W1H」を意識しておくと、新しい話題を提供したり、会話を深く掘り下げやすくなるので、ぜひ活用してみて下さい。

    例えば、相手が「旅行に行った」という話をし始めたとして、これを「5W1H」に当てはめてみると、「いつ行ったの?(When)」「どこに行ったの?(Where)」「誰と行ったの?(Who)」「なんで行ったの?(Why)」「どんな旅行だったの?(How)」の「旅行をした(What)」以外の5つの質問を投げることができます。

    また、「最近どこか行った?(Where)」「最近誰と遊んだ?(Who)」というように、自分から話題を振る時も非常に役に立ちますよ。

    会話の基本を覚えよう


    カップルの会話を続けたいと思っても、何を話せばいいのか分からなくて言葉に詰まってしまう人も多いでしょう。そんな人は、「適度に整理すべし(テキドニセイリスベシ)」という会話の基本を覚えておくと、会話が続かない時に非常に役に立ちますよ。

    「適度に整理すべし(テキドニセイリスベシ)」というのは、定番の会話ネタを語呂合わせにした言葉です。具体的には「テ=テレビ」「キ=気候」「ド=道楽(趣味)」「ニ=ニュース」「セ=生活スタイル」「イ=田舎(出身地)」「リ=旅行」「ス=スター・スキャンダル」「ベ=勉強」「シ=仕事」を表しています。
  • カップルの会話におすすめの話題&ネタ

    カップルの会話が続かないのは、そもそも何を話せば良いのか分からないのが原因です。会話を長続きさせるコツを身に付けても、話題やネタがなければ会話を始めることはできませんからね。

    ここでは、会話が続かないカップルにおすすめの話題やネタをいくつかご紹介していきます。

    行ってみたい場所の話


    恋人との会話に詰まってしまったら、行ってみたい定番のデートスポットや、美味しいレストランなどについて話してみるのが良いでしょう。

    行ってみたい場所の話を振ってみて、「いつ行く?」「どんな観光スポットがあるのかな?」「どういうルートで行けば良いかな?」と一緒にスマホで調べながら次のデートの計画を立ててみるのも良いですね。

    デートするたびに次のデートの計画を一緒に立てれば、会話が続けられるだけではなく、いつもとは違ったデートを楽しめるようになってマンネリも解消できるかも?

    仕事や学校での出来事


    恋人との会話を盛り上げたいなら、学生カップルなら学校、社会人カップルなら仕事での出来事を話してみてはいかがでしょうか。

    仕事や学校での出来事は毎日のように繰り返し起こることなので、お互いに今日会ったことを報告し合ったり、「今日学校で何かあった?」と話題を振れば、毎日の会話にも困りませんよ。

    また、学校や職場の人間関係の悩み、ムカツク上司や先生の話など、お互いに愚痴を言い合ってストレスを発散するのも良いかもしれません。

    昔見たテレビ番組の話


    会話が途切れて沈黙が続いてしまったら、「子供の頃なんのテレビ番組見てた?」と昔見たテレビの話をしてみるのもおすすめです。

    昔見たテレビ番組の話を切り出すことで、子供の頃や学生時代を思い出して懐かしい気持ちになれてテンションも上がるのではないでしょうか。

    また、昔恋人と同じテレビ番組を見ていたと分かれば、それもひとつの共通点になりますから、さらに会話も楽しく盛り上げることができるでしょう。

    そして、それをきっかけにして、他に好きだったテレビ番組や芸能人、昔流行ったゲームや流行語などに会話を展開していければ、恋人のこともさらに深く知ることができるのではないでしょうか。

    スマホのニュース


    食事中に会話が詰まってしまった場合は、スマホのニュースを話題にして会話を展開していくのも良いですね。YahooやLINEなどを見れば、芸能や政治、経済、スポーツなどの今話題となっているニュースがたくさん表示されているのでネタにも困りません。

    また、ニュースは毎日更新されるので、お互いに相手のことを知り尽くしているカップルでも、マンネリを感じずに会話を楽しむことができるでしょう。