濃い顔の特徴とは?メリットから魅力的に見せるコツまで徹底解説!

皆さんは自分の顔が濃いのか薄いのか、考えたことはありますか?もしも濃い顔だという自負があるならば、その魅力を最大限に活かしてみたいと考えたことがあるでしょう。今回は、濃い顔の魅力やメリットを理解し、どこをアピールポイントにすればいいかレクチャーしていきます。

  • 濃い顔はモテる?その特徴や魅力を解説!

    世の中には様々なタイプの顔があります。我が国日本で最も多く見られる顔の特徴は、簡単にいえば「サッパリした顔」ですよね。目は二重であっても小さく、鼻は低めで顔全体にあまり凹凸がありません。海外の人達も、日本人にはこのような「サッパリした顔」の印象が強く、他には黒髪やメガネなどのイメージもあるそうです。

    濃い顔は男女問わず人気!


    国内外でも「日本人=サッパリ顔」というイメージが強い、日本人の顔。ですが、実際に今の日本人を見渡して見ると、イメージとは少し違うという印象を受けませんか?一昔前に比べ、イメージほどサッパリした顔ばかりでもないですよね。

    時代と共に変化しつつある今の日本人の顔は「濃い顔」の比率も、段々上がってきているように感じます。純粋な日本人でありながら、まるでハーフのような顔立ちをしている「濃い顔」の人は、存在感も抜群。大勢の中にいても、一際目立つ存在で、男女問わずとても人気があるのです。

    ソース顔とも呼ばれる


    「ソース顔」といえば、濃い顔の人を指す言葉です。これは皆ご承知のことですよね。顔の作りを調味料で例えて、濃い・薄いを分かりやすく表現したものです。今ではお馴染みの「ソース顔」という言葉ですが、この言葉は80年代後半に、某女性雑誌から生まれた言葉です。

    ちなみにこのとき「ソース顔」ともう一つ、「しょうゆ顔」という言葉も同時に生まれました。ソースに反して、しょうゆは日本人に馴染みが深いさっぱり味。これを「薄い顔」に当てはめて、「しょうゆ顔」と呼ぶようになったのです。この言葉も、今では定番の呼び名となっています。