気になる人と好きな人の違い|恋心に変わった瞬間は?【男女の意見】

「何となく気になるけど、好きかどうか分からない」、そんな時期は、何となくモヤモヤした気持ちになりますよね。「好き」とまではいっていないので、アピールすることにも躊躇してしまう。そんな方のために、本当の気持ちを判断する方法や今できるアピール方法をご紹介します。

  • 気になる人がいるけど…コレは恋なの?

    「好き」という気持ちを意識したことはないけれど、何となく気になる存在。そんな存在の人が身近にいる人は意外と多いのではないでしょうか?「気になる人」と「好きな人」は違うのか?違うとしたら何が違うのか?具体的に考えたことはありますか?

    今回は、気になる人に対する気持ちが恋なのかどうかを判断する方法や、恋愛に発展させる方法までご紹介します。

    気になる人が好きな人に変わる瞬間は、すぐそこまで来ているかもしれません。

    「気になる」ってどんな気持ち?


    気になるという気持ちは、その言葉のまま「その人が何をしているのか気になる」「その人の行動が気になる」という気持ちです。

    ついつい目で追ってしまったり、その人と同じ空間にいる時はいつも以上に意識してしまう…こんな気持ちになるのは、その人が気になる人だから。それが恋かどうかは状況や関係性にもよって変わってくるので一概には言えません。

    ですが、その気持ちが恋なのか?それとも”気になる人”止まりなのか、自分でもよく分からないという人も多いでしょう。

    気になっている時期は見極め期間でもある


    ほとんどの人が、異性と会話をしたり同じ時間を過ごすことによって恋する気持ちが芽生えてくるでしょう。中には、「出会った瞬間ビビッと来た!」という人もいますが、大抵は「気になる人→好きな人」と段階を踏むはず。

    気になっている時期というのは自分が本当に好きになれる人なのか、自分に合っているのかなどを見極める期間でもあるということです。つまり、気になる人が好きな人に変わる可能性は十分にあるということですね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)