【夢占い】怖い夢の意味&心理15選!怖い夢を見る原因や対処法も解説

  • そもそもなぜ怖い夢を見るの?その原因とは

    怖い夢を見た後は嫌な予感がしますし、気分も下がってしまいますよね。なるべく怖い夢は見たくないものですが、そもそもなぜ怖い夢を見てしまうのでしょうか?ここでは、怖い夢を見る様々な原因をご紹介していきます。

    ストレス


    就寝中に怖い夢を見た場合、その時は日常生活の中で強いストレスを感じているのが原因かもしれません。そのストレスには、仕事や人間関係の悩みなど日常的に抱えるストレスから、コンプレックスや弱みなどの非常に根深いものも含まれています。

    ただ、「悩みを解消したい」「自分を変えたい」と思っていても、あなたはストレスの原因になっている問題と正面から向き合えていないようです。

    そのため、就寝中に怖い夢を見せることで、早く問題を解決してストレスから解放されるようにと、あなたに促しているのかもしれません。

    トラウマ


    親に虐待されていた、いじめやパワハラ、セクハラをされた、信頼していた人に裏切られたなど、何かしらのトラウマを抱えている時も、就寝中に怖い夢を見やすいと言われています。

    怖い夢は、恐怖や不安で精神的に不安定になっていたり、「現状から抜け出したい」「新しい自分に生まれ変わりたい」と思っている時に見ることが多いです。

    トラウマを抱えていると、また同じようなことが起きないか恐怖や不安などのネガティブな感情に支配されやすいものです。

    また、過去のトラウマを克服して人生をやり直したいと思っている人も少なくありません。そのため、トラウマを抱えている人は、怖い夢を見やすいのかもしれませんね。

    調子に乗りすぎている時


    怖い夢は、あなたに警告を与え、自分と一度向き合ってほしいという意味で見ることもあります。例えば、あなたが周囲の人や自分に甘え、調子に乗りすぎている時が挙げられます。

    そんな時に見る怖い夢は、周囲の人の迷惑もしっかりと考えて、自分の力で問題を解決する能力を身に着けるように暗示しています。

    そのため、何かしらの怖い夢を見た時は、調子に乗りすぎて周囲の人が迷惑に感じていないかよく考え、自分のことだけではなく、周囲の人を思いやる気持ちを忘れないようにして下さい。

    寝る時の環境


    怖い夢は心理的な問題だけではなく、寝る時の環境の悪さが原因となっている可能性もあります。例えば、寝相が悪かったり、枕の向きが間違っていたり、布団が重かったり、枕の高さが合っていないのかもしれません。

    寝る時の環境が悪いと、質の良い睡眠がとれないため、自分の知らぬ間に体に大きな負担がかかっていたり、精神的なストレスを感じている可能性もあります。

    ストレスを抱えているほど怖い夢を見る確率が高まるので、一度寝る時の環境をガラっと変えてみるのもひとつの方法です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)