【夢占い】怖い夢の意味&心理15選!怖い夢を見る原因や対処法も解説

  • 【夢占い】怖い夢の意味・心理15選《続き》

    引き続き、怖い夢の意味や心理の6個目~10個目をご紹介していきます。

    溺れて怖い思いをする夢


    海や川に溺れて怖い思いをする夢は、現実世界でもあなたがもがき苦しんでいることを意味しています。そして、残念ながらその苦しみからすぐに解放されるのは難しいということを暗示しています。

    なぜなら、自分の一人の力では、今抱えている問題を解決するのは難しい可能性もあるからです。ですから、この怖い夢を見た時は、問題を一人で抱え込まないで、早めに家族や友人などの信頼できる人に相談し、助けを求めるようにしましょう。

    自宅が火事になる夢


    自宅が火事になるのは縁起が悪いように思えますが、実は自宅が火事になる夢は、近々あなたのもとに幸運が舞い込んでくるという吉夢なのです。

    夢の中では自宅が自分自身であり、自宅が火事になっているということは、やる気がメラメラと燃え上がっている状態の表れだと言えます。

    そのため、今までの努力が報われて周囲の人からの評価も高まったり、異性から急にモテモテになったり、仕事が上手くいって出世したりと幸運な出来事が次々と起こるかもしれません。

    ちなみに、炎の勢いが激しいほど大きな幸運が舞い込んでくるので、そういった夢を見た後は充実した幸せな人生を歩めるようになるでしょう。

    ただ、これは自分だけが火事に巻き込まれてしまった場合の話です。家族が火事に巻き込まれる夢になると、現在家族間でトラブルを抱えている、もしくはこれからトラブルが起こるという暗示に変わるので注意して下さい。

    泥棒に入られる夢


    自宅に泥棒が入られて怖い思いをした夢を見た場合、これは健康面で注意が必要だと警告してくれています。夢の中では、自宅を自分自身、泥棒を病気だと捉えます。

    ですので、自分の健康に無頓着で、偏った食生活を続けていたり、お酒を飲みすぎたり、タバコを吸いすぎていると、重い病気にかかって苦しい思いをすることになるかもしれません。

    そのため、この怖い夢を見た時は、これを機に自分の生活を改め、栄養バランスを考えた食生活を心掛ける、お酒やタバコは控えるなどして健康管理に努めていくと良いでしょう。

    また、万が一重い病気にかかってしまったことを考えて、計画的にコツコツと貯金しておくことをおすすめします。

    どこかに閉じ込められる夢


    どこかに自分が閉じ込められる夢を見たのは、何か閉じ込めてしまいたいものをあなた自身が抱えていることを表しています。過去の出来事や変わった性癖など、誰にも知られたくない秘密を抱えているのかもしれません。

    そして、その秘密が誰かにバレてしまうのを恐れているようです。特に、どこかに閉じ込めれてパニック状態に陥っている夢を見た場合は、その意味合いがさらに強くなります。そのため、この怖い夢を見た時は、早めに何かしらの対策を取る必要がありそうです。

    地震で怖い思いをする夢


    地震で怖い思いをする夢を見た時は、近々あなたを取り巻く状況が変化することを意味しています。それは、悪い方向に変化する場合もありますし、逆に良い方向に変化する場合もあります。

    そのとき地震の揺れが小さければ、そこまで大きな変化はなさそうですが、震度6~7レベルの大地震だった場合は、人生が大きく変わってしまうほどの出来事が起こるかもしれません。

    ですので、地震で怖い思いをする夢を見た時は、これから起こる変化に備えて心の準備はしておいた方が良さそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)