デートのマンネリを解消!おすすめデートスポット&プランを紹介

  • マンネリ解消デートスポット&プラン《地方編》

    ここからは、首都圏以外のオススメデートスポットをご紹介します。こんな遠くまで!?と驚かれるかもしれませんが、新幹線や飛行機を使えば大体の地方都市を日帰りで楽しむことができますよ。

    思い切って1~2泊の旅行にするのもいいですね。早めにデートの予定を立てて、格安航空券などを利用して試してみることをオススメします。

    《茨城県》国営ひたち海浜公園


    春に丘一面が水色の花で彩られる「ネモフィラの丘」で有名な国営ひたち海浜公園は、体を動かしたいカップルにオススメのデートスポットです。見どころは植物だけではありません。観覧車をはじめとする遊園地や、林間アスレチック、BBQ広場など施設が充実しています。

    そして、国営の公園なので入園料が大人1人450円とお手頃価格なんです!広大な敷地内をレンタサイクルで回れば、二人の息もピッタリ揃うはず。広い敷地内でBBQを楽しみながら、のんびり話をするのもいいですね。

    《栃木県》あしかがフラワーパーク


    栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」は、日本三大イルミネーションの一つに数えられている公園です。フォトジェニックな写真がたくさん撮れますよ!イルミネーションが始まるのは夕方からですが、日中は植物園としてお花を楽しむこともできます。

    特におすすめなのが冬の期間限定のイルミネーションイベント。ちょっとひんやりした空気の中で手をつなぎながら光の中を二人で歩けば、マンネリした気持ちも忘れられそうですね。近くにアウトレットモールもあるので、デートコースとしても最適です。

    《群馬県》富弘美術館


    草花の水彩画と素朴な詩が心を癒やしてくれる、「星野富弘氏」の作品を公開している美術館です。美術館の建物は日本建築学会賞を受賞したこともあるので、建物を外側から見ても楽しめます。

    近くには草木湖につながる散策路も整備されているので、美術館を見た後に周辺をお散歩するとリフレッシュできます。美術館で感じた絵や詩に対する感動を、二人で共感できたらマンネリした気持ちもスッキリと消えていくことでしょう。

    《北海道》北海道ガーデン街道


    北海道の旭川、富良野、帯広、十勝に点在する8つの美しいガーデン(庭園)を結ぶ街道です。全ての庭園を巡る贅沢なドライブ旅行も素敵ですし、一箇所をピックアップしても十分に楽しむことができますよ。

    都会の喧騒から抜け出して、北海道の広大な景色に浸ったらマンネリした気分も吹き飛んでしまうでしょう。

    特に、「六花の森」は有名なお菓子メーカー「六花亭製菓」の包装紙に描かれている野の花の風景を、実際に再現するというコンセプトで作られています。お土産選びまで抜かりなく楽しむことができそうですね。

    《沖縄県》国際通り


    北は北海道から南は「沖縄」まで。忙しい旅にはなりますが、早朝に出発すれば、沖縄を日帰りで楽しむこともできます。レンタカーで美ら海水族館などに行くのもいいですし、ゆっくりと国際通りを歩いてみるのも面白いですよ。

    沖縄県ともなると異国情緒たっぷりですから、普段とは全く違うテンションでデートを満喫できます。国際通り商店街では、お客さんとも気さくに話してくれる「沖縄人・ウチナーンチュ」がたくさんいます。

    沖縄ののんびりとした空気の中で心も体も存分にリラックスして、マンネリなんて忘れてしまいましょう!
  • デートがマンネリしないためのコツとは?

    ここまでオススメのデートスポットをご紹介しました。気になるところがあったら、ぜひ二人で出掛けて見てくださいね。一方で、遠くに出掛ける時間やお金が無いという人も心配ご無用です。

    どこかに出掛けることだけがデートの醍醐味ではありません。いつのも近場のデートコースでも、少し工夫をするだけで新しい刺激を感じることができますよ。ここからはマンネリデートを予防するためのコツをいくつかご紹介します。

    あえて会う時間を減らしてみる


    次のデートを刺激的に楽しむために、あえて会う時間を減らしてみましょう。長い時間会っていると、どうしても話題が尽きてしまいがち。あえて会う時間を減らしてみることで、相手の話を集中して聞けるようになります。

    また、頻繁に会っていると服装や髪型の変化が少なくなってしまいますよね。「この前も同じシャツを着ていたな」なんて感じるようではテンションも上がりません。時間をあけてデートをすると、服装や髪型が自然と変化しますから、お互いに新鮮さを感じられますよ。

    デートのドレスコードを作ってみる


    二人の中でデートのドレスコードを作ってみるのも、マンネリ化解消にはピッタリです。ペアルックがその最たる例ですね。完全なペアルックは難しくても、アイテムを一つおそろいにしたり、色や柄を合わせるだけで一体感が高まります。

    また、少し高級なレストランに行くと、男性は襟付きのシャツ、女性はハイヒールなどお店側からドレスコードを指定されることも。ドレスコードを二人で準備する段階から始めれば、デートがもっと楽しくなりそうです。

    デートに目標を作ってみる


    「二人で会って、食事をして、ブラブラして帰る」というデートはすぐにマンネリ化することが多いです。「デートって何をしたらいいんだろう」とドツボにハマってしまうことも。そんな時にはデートの目標を二人で決めてみることをオススメします。

    誰も知らないような穴場を見つける、綺麗なセルフィーを撮るとか一緒に取り組める内容がいいですよ。明確な目標があると、やる気が出る男性も多いです。さらに目標を数値化すると具体的なデートプランも決めやすくなります。

    交代でデートコースを提案する


    デートのプランを彼氏に頼りっきりだったという人は、自分で提案してみるのもいいですね。男性と女性では楽しいと思うことや、行きたい場所が一致しないことが多くあります。デートがマンネリ化していると感じるのは、自分の行きたい場所に行けていなからかもしれません。

    「本当はここに行ってみたかった」と彼氏に提案すれば、意外と喜んで受け入れてもらえるはず。時間をガチガチに決めるほどではなくても、行きたい場所を2、3か所提案するだけでデート先の候補が一気に広がるはずです。

    マンネリ度の判定をする


    二人でデートの終わりにお茶を飲みながら、「今日のデートのマンネリ度」を判定してみると意外な盲点に気づくことができます。あなたがマンネリと思っているデートを、彼氏は最高に楽しいと思っていたなんていう二人のすれ違いが明らかになる場合も。

    二人とも「今日のデートはマンネリだった」という結論が出たら、次のデートに向けてプランを一緒に練り直してみるのもいいですね。お互いの足並みがそろい始めれば、次のデートはきっと楽しくなるはずです。

    いつもと反対の手をつないでみる


    お金や時間をかけずにデートのマンネリを解消したい場合には、いつもと反対の手をつないで彼氏の隣を歩いてみましょう。いつも自由な方の手が使えない不自由感や、普段と逆の方向の視界に新鮮さを感じることができます。

    これまで視界に入ってこなかったお店などが目に止まる可能性も。「こんなお店あったんだー」と言いながら、彼氏と新しいお店を楽しめたら最高ですよね。こんなちょっとした工夫からも、マンネリを脱出していつもと違う景色を見ることができますよ!