外に出たくない心理とは?休日に家から出たくない原因・克服法を解説

せっかくの休日なのに、「外に出たくない」と憂鬱な気分になってしまうこともあるでしょう。外に出たら楽しいイベントがたくさん待っているとわかっているのに、気持ちが盛り上がらなくて足が動かないのです。この記事では、そんな「外に出たくない」という心理の原因や克服方法をご紹介します。

  • 「外に出たくない…」そう思ってしまうのはなぜ?

    せっかくの休日なのに外に出たくない、そんな憂鬱な気分になってしまうときがありますよね。外に出かけようという気持ちはあるのだけれど、なんとなく体を動かすのが億劫で、一日中引きこもってしまうという人もいます。
    外に出かければ楽しいことがたくさんあるとわかっているのに、なぜ外に出たくないと思ってしまうのでしょうか。それにはさまざまな要因がありますので、詳しくみていきましょう。
  • 外に出たくないと思ってしまう原因

    大変な仕事がひと段落して、ようやく休日を迎えたというのに、外に出たくないと思ってしまう。そんな経験が誰でも一度はあるでしょう。では、外に出たくないと思ってしまう原因は何なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

    肉体的・精神的な疲れ


    外に出たくないと思ってしまうのは、肉体的もしくは精神的に疲れているから、というケースがあります。仕事が忙しく、体や頭脳を酷使している人に多い原因です。

    肉体的、精神的に疲れていて外に出たくないと思ってしまう場合は、無理して外出せずに、ゆっくりと休んだ方がいいでしょう。「せっかくの休みなのにもったいない」などと考えて無理に外出すると、さらに疲れが溜まってしまい、肉体的にも精神的にも追い込まれてしまう可能性があります。

    家が大好き


    家事や料理が好きだったり、部屋の雰囲気が気に入っていたりと、家の中が大好きなので外に出たくないと思っているケースです。「家が好き」というポジティブな理由で外に出たくないと思っているので、無理して外に出る必要はありませんね。

    インテリアにこだわりがある人や、部屋のレイアウトを頻繁に変えて雰囲気を楽しむのが好きな人は、外に出ている時間より家の中で過ごす時間の方が多いでしょう。家の中は生活の拠点となる大切な空間ですので、居心地の良い家があるというのは素敵ですね。

    お金がない


    給料日前だったり休職中だったりと、今は金銭的に余裕がないので外に出かけたくないと思ってしまうケースです。外に出ると食事や買い物などでお金を使います。家にいればほとんどお金を使わずに済みますよね。

    また、金銭的に余裕がないわけではないが、外に出て余計なお金を使いたくないという理由で、外に出たくないと考える人もいます。節約が好きな人や将来のために貯金をしている人は、このように考えているケースが多いです。

    しかし、「外に出られない」と考えるとストレスの原因になってしまいます。家の中で楽しめる趣味を見つけるなど、外に出ない理由を作ると、ストレスをためずに済むのでおすすめです。

    騒がしいのが苦手


    たくさんの人が行き交う外の世界はとても騒がしいです。喧騒が苦手な人にとってはストレスの原因にもなってしまうので、外に出たくないと思うでしょう。騒がしいのが苦手な人は、仕事などで仕方なく外出するときでも、通勤するだけで疲れてしまうのです。

    そのような人が「せっかくの休日なのにわざわざ外に出たくない」と思うのは当然ですよね。周りの人の声や視線に敏感に反応してしまう人も、必要がなければ外に出たくないと考えている人が多いです。

    騒がしいのが苦手な人は、無理して外に出ずに、静かな部屋でゆっくりと自分の時間を過ごしましょう。外に出たくないと思うのは、決して悪いことではありません。