結婚と恋愛の違いって?結婚相手の見極め方と幸せな恋愛結婚の心得

  • 既婚者が語る「結婚」と「恋愛」相手の違い

    では、具体的にどのような相手が結婚や恋愛に向いているのでしょうか。人によって好きなタイプはさまざまです。また、実際に生活していくことによって、パートナーとの相性がわかってくることもあります。

    ここからは、既婚者の体験談をもとに「結婚」と「恋愛」相手の違いをみていきましょう。

    恋愛は楽しい人、結婚は落ち着いた人


    「結婚する前は、共通の趣味があったり、一緒にいてとにかく楽しいと感じる子と遊んでいた。今の奥さんは全く違うタイプの人で、どちらかと言うと地味なタイプ。でも、結婚生活を送るなら、落ち着いた人と過ごす方が心地よい」(31歳/男性/IT関連)

    恋愛では、「とにかく楽しく過ごしたい」と考えて、一緒に盛り上がることができるような相手を選ぶことが多いもの。ですが、結婚すると二人で過ごす時間は自然と長くなるため、落ち着いた相手を選ぶ人も多いのかもしれません。

    恋愛は外見、結婚は内面


    「20代はとにかく見た目重視で、好みの子にアタックして付き合っては別れてを繰り返していた。そろそろ結婚をと思っていた時に会社の同僚に告白されて、性格が好きだったので付き合ったらそのまま結婚することに。結局、内面が一番大事。」(28歳/男性/飲食)

    「見た目がタイプ」と言うのは、立派な恋のきっかけです。ですが、外見的な魅力だけで関係を長続きさせることは難しいでしょう。

    結婚を意識するようになれば、「少しでも長く一緒にいられる相手を」と考えるため、自然と相手の内面に目が向いていきます。

    結婚相手には生活力をより求める


    「学生の時から付き合っていた彼氏とは、仲は良かったけれど、収入が不安定で将来の不安から別れてしまいました。今の旦那さんは、経済的に安定してる人。お互いの相性はもちろんだけど、本音を言えば、お金の不安がない生活はすごく安心できます。」(26歳/女性/保育士)

    生活を共にするうえで、お金の問題は避けては通れません。とくに出産や育児を考えている女性にとって、男性の生活力は気になってしまう部分でしょう。

    共働きが一般的になった今、男女を問わず、結婚相手に生活力を求める人は多いのではないでしょうか。

    信頼感があるかどうか


    「婚活をする時に一番大切にしていたのは、信頼できる人かどうか。真面目で嘘がつけない性格を好きになって、今の旦那と結婚しました。大きな不安もなく、生活も順調です。自分の判断は正しかったと思っています。」(35歳/女性/専業主婦)

    恋愛においても結婚においても、「信頼できるかどうか」は大切なことですよね。結婚を考えたときに、「信頼できる相手かどうか」はもっとも重視されることなのではないでしょうか。

    結婚は、自分の人生を半分預けるようなものなので、相手の性格だけでなく、家族や友達づきあいなどから、本当に信頼できる人物かどうかを客観的に見極める必要がありそうです。