結婚と恋愛の違いって?結婚相手の見極め方と幸せな恋愛結婚の心得

結婚と恋愛は別物だとよく言われます。「結婚すべき相手と恋人は違うタイプって本当?」「大好きな相手とは結婚してもうまくいかない?」…。今回はそんな疑問を一気に解消するために、幸せな恋愛結婚をするための秘訣をご紹介します。

  • 結婚は恋愛と全く別物?その違いとは

    恋愛は好きな相手にときめきを覚えるもの、一方で結婚は癒されたり安心感を得るものだと言われています。たとえば、相手選びをする時に「恋人としては良いけれど、結婚相手には向かないかも」「結婚相手には良いけれど、恋愛するのは難しい」と感じたことはありませんか?

    実際に、既婚者の多くは結婚と恋愛に違いを感じることが多いのも事実です。「好きな相手と結ばれたいけれど、結婚生活も失敗したくない」「恋愛と結婚の違いってなに?」このような悩みは、恋愛や結婚を真剣に考えている人ほど直面しやすいのではないでしょうか?

    そこで今回は、恋愛と結婚の違いを明らかにしながら、恋愛結婚を成功させるコツについてご紹介します。
  • 結婚と恋愛の違いとは?

    「結婚と恋愛は別物である」という考え方は間違いではありません。両者を比べてみた時に異なる点があるのも事実です。そして、それらの違いについて理解することが、恋愛と結婚を両立させるコツとなります。結婚と恋愛は何が違うのでしょうか?

    求めるものの違い


    結婚に求められるものは、「一緒にいると落ち着く」などの精神的安定や、生活・経済面での安定です。毎日の生活を共にすることになる相手には、刺激よりも「安心して生活できる」という平穏を求めます。

    一方、恋愛には「一緒にいるとドキドキする」「可愛い、かっこいい」というような、一時の刺激を求めることが多いもの。その瞬間のときめきが何より優先されがちです。

    家族が関係するかどうか


    恋愛では本人同士で関係性が成立しているので、基本的にはお互いの相性のみを考えていれば問題ありません。「お互いに好きならそれでよい」という考え方で問題ないのです。

    結婚となると、本人同士だけでなく、お互いの家族にまで関係性が及びます。お互いの都合だけで生活をすることが難しい場面もあるでしょう。もちろん、本人同士の気持ちが一番大切ですが、相手の家族との関わりを避けて通ることはできません。

    現在が大切なのが恋愛、将来を見すえるのが結婚


    恋愛で重視されるのは、「いま、2人が楽しい時間を過ごしていること」であり、大事なのはあくまで「現在」です。

    どんなに仲の良い恋人でも、些細な喧嘩であっさり別れてしまうことは多いもの。そのくらい、恋愛というものは「現在の感情」に左右されやすいものなのです。

    一方で、結婚は、その時に相手を好きな気持ちよりも、「将来的にその相手と一緒に居られるかどうか」を重視する関係です。恋愛に比べて、より「将来」を意識することになります。

    経済的安定の必要性


    経済的に安定しているかどうかは、結婚を考えた場合、避けては通れないポイントとなります。生活を共にするという意味で、お互いの経済状況を無視することはできないでしょう。

    一方、恋愛においては、結婚ほど相手の経済的な安定を重視することはありません。お金を使う場面がデートなどに限られているのも理由の一つでしょう。

    法的な拘束力があるかどうか


    恋愛と結婚の最大の違いは、法的な拘束力があるかどうかです。結婚は、民法においては「婚姻」と言い、2人が社会的に夫婦として承認されることをさします。当然ながら、恋愛に比べてこの関係には責任がともないます。

    恋愛の場合には、当然ながら法的な拘束力はありません。全く責任がないわけではありませんが、結婚に比べて気軽な関係性といえます。