おしとやかな女性の特徴とモテる理由|おしとやかな女性を目指す方法

大和撫子のような「しとやかさ」に憧れる女性はたくさんいるのではないでしょうか。また、おしとやかな女性は男性からモテるとも言われています。そんな、多くの人が憧れる「おしとやか」には、一体どのような特徴があるか、またモテるといわれる理由について紹介します。

  • 男性が求めるのは「おしとやか」な女性!

    「おしとやか」な女性といえば、たいていの人が大和撫子を連想するのではないでしょうか。大和撫子は、日本人ならほとんどの人が知っている言葉ですよね。

    また、大和撫子と同じようにおしとやかな女性をイメージする言い回しして「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」があります。ご存じですか?

    こちらも、大和撫子同様に所作の美しい「おしとやか」な女性を表している言葉です。このように、多くの男性は今も昔も奥ゆかしく雅な女性を求めているといわれます。

    いったい「おしとやか」な女性には、どのような特徴があるのでしょうか?「おしとやか」の意味やおしとやかな女性の特徴についてみていくことにしましょう。

    「おしとやか(お淑やか)」の意味とは


    「おしとやか(お淑やか)」とは、「しとやか(淑やか)」に丁寧語の「お(御)」が付けられた言葉。「しとやか」は所作や話し方が丁寧で落ち着いていることをいいます。

    イメージとしては「性格が良く育ちの良いお嬢様」といったところでしょうか。

    品があり、エレガントで雅な女性を表す言葉として用いられることが多いといえるでしょう。

    「おしとやか(お淑やか)」の類語


    性格が良く育ちの良いお嬢様を連想すると、自然と「おしとやか(お淑やか)」の類語も想像することができますよね。

    たとえば、上品、麗しい、しなやか、奥ゆかしい、楚々(そそ)といった言葉が挙げられます。

    どの言葉も凜としていて響きが美しい印象を受けますよね。
  • おしとやかな女性の特徴

    どのような女性のことを、おしとやかというのか気になりますよね。そこで、お淑やかな女性の特徴についてまとめました。

    どのくらい当てはまるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

    奥ゆかしい


    奥ゆかしいとは、控えめな様子や上品な様を表すときに用いられる言葉。細やかな心遣いができる人のことを奥ゆかしいと言いますよね。

    自分が自分がと前に出たがるようなタイプの女性に奥ゆかしさを見ることはできません。つまり、このような奥ゆかしさは、おしとやかな女性の特徴といえるでしょう。

    字が綺麗


    字が綺麗な女性を見ると、「心も綺麗なんだろうな」「性格、いいんだろうな」と思ってしまうのではないでしょうか。走り書きしたような字や適当に書いたような字を見ても、「素敵だな」と感じることは少ないですよね。

    綺麗な字は、上手下手というよりもどれだけ心を込めて丁寧に書いているかということにつきるのではないでしょうか。整った姿勢で、心が安定している状態だからこそ字が綺麗に書けるはず。

    そのため、字が綺麗な人はおしとやかな印象を与えることになるのです。

    姿勢が良い


    おしとやかな女性には姿勢が良いという特徴があります。雅な雰囲気の女性が背中を丸めて歩いている姿は想像できませんよね。また、足を広げて座っていたり、だらだらしたりしている女性も品があるようには感じられないもの。

    やはり、背筋を伸ばす、足を揃えるなどキチンとした姿勢をしている姿に品の良さを感じるのではないでしょうか。このように凜とした佇まいをしている女性に対して素敵だなと感じることが多いでしょう。

    清楚


    控えめで清潔感ある身だしなみ、かつ自分に似合う装いをしているのがおしとやかな女性の印象ですよね。

    だらしない格好や不潔な装いをしている人を見ると、その人の生活や性格も「だらしないのでは?」と思ってしまうもの。また、派手できらびやかな装いにはゴージャスな印象を受け、おしとやかな雰囲気とは正反対の立ち位置にいるように思うはず。

    やはり、清楚で淡い色味の装いをしている女性に対し、おしとやさを感じますよね。

    明るすぎない髪色


    エレガントな雰囲気がする女性の髪色は、たいていダークトーン。地毛のままか染めていてもダークブラウンなど、暗めの色合いが多いもの。

    金髪や赤やオレンジなどのカラーが綺麗に入っている髪の場合、個性的で華やかな美しさを感じるものの、淑女のようなイメージにはなりませんよね。

    やはり、多くの人が黒やダークブラウンなどの落ち着いた髪色をしている女性に対して、おしとやかさを感じてしまうのではないでしょうか。